2017年3月23日木曜日

ChrisKing New Color!!

その前に。
先日紹介しました1st team kitの受注締め切りまで残り1週間。

ご一読いただき、最下部のリンクからオーダーフォームに記入してください。
最低数は15着です。


さてさて、先日開催のNAHBSに合わせて、ChrisKing New Colorが発表されております。
今回は3色追加です。なんとなんとの艶消し仕様。
左からMatte Slate、Matte Black、Matte Emerald。

生産終了になったPewter、Gold、Greenの代わりですね。

やはり気になるのは
限定色のこちら。
Matte Emeraldの初回の入荷は5月中旬。
Matte Slate,Matte Blackは4月中旬に入荷とのこと。

ヘッドセット、BB、ハブとどのモデルも対応いたします。

 精度の高さだけでなく、メンテナンスのしやすさなど、双方(お客様、お店側)の
メリットは揚げたらいくらでも出てきます。

古くなったBBの交換、ヘッドセットの交換や手組み車輪のご相談、お待ちしております。

...&Bicycle


2017年3月17日金曜日

お知らせ

営業時間の変更、臨時休業日をお知らせいたします。

2017/3/17(金) 19時閉店
2017/3/19(日) 臨時休業 ツーリングイベント サポートのため


...&Bicycle


2017年3月16日木曜日

チームキット販売します

...&Bicycle オリジナルウェア 販売のお知らせ

さて、この度カスタマーの皆様向けに、チーム員着用の1stチームキットの
受注、販売が可能になりました。
まず最初にデザインを。。。

▪️受注期間:2017/3/162015/3/31
 最低数量15に満たない場合は発注する事ができません。
 上下セットでの購入のみ、受け付けております。

▪️納品
 6月末の納品を予定しております。

▪️受け取り
 店頭、または発送(レターパック510)にて対応する予定です。

▪️支払い
 受注締め切り後1週間以内に店頭にてお振込、現金、クレジットカード(visa,master,AMEX,一括のみ)での
 お支払いをお願いします。

▪️アイテム
 半袖ジャージ(春夏向け
 ビブショーツ(同上
 キャップ

 メーカーはVergeSports(http://www.vergesport.com/hk-en/)Triumph Strikeシリーズです。
 ジャージは吸汗速乾性、伸縮性に優れた素材を使用。
 サラッとした着心地が長続きし、湿度の高い気候に最適です。

 ビブショーツは豊富なストレッチ量による抜群のフィット感、
 更に耐久性を実現しております。肩紐部分はメッシュ素材を採用。


▪️価格
  ジャージ、ビブセットでの購入 ¥25,000(税込)
  キャップを合わせて購入の場合、¥2,500追加

 為替の変動により、若干増減する場合がございます。

▪️サイズ
 下記のページからFittedCutのタブを参考に。
 ジャージは胸囲(Chest)、ビブは胴囲(Waist)を参考にしてください。


 サイズ感はRaphaを基準にすると、、、
 RaphaMediumを着用されている方は、ProteamJerseyのようにレースフィットを
 好む場合は同じサイズ。ClassicJerseyのようにややリラックスフィットを
    好む方はLargeと、1サイズアップを推奨します。
 ビブショーツも同様ですが、肩のストラップやパッドの食い込みを考えると
 ProteamBibでも緩く感じる場合を除き、1サイズアップが良いです。

▪️メンバーのサイズ選択を紹介します。
 実際に着用した感じは、直接確認していただければと思います。

 女性  161cm
 Rapha Jersey XS    ==>  XS(Men’sモデル)
 Rapha bibs    S    ==>  XS(Men’sモデル)

 男性1  170cm 60kg
 Rapha Jersey S    ==>   S
 Rapha bibs    S    ==>   S

 男性2  167cm 57kg
 Rapha Jersey S    ==>  S
 Rapha bibs    S    ==>  S

 男性3 172cm 61kg
 Rapha Jersey S    ==>New Jersey   S
 Rapha bibs    S    ==>New bibs   S

 男性4  181cm 71kg
 Rapha Jersey M   ==>   L
 Rapha bibs    M   ==>   L

 この辺りは...&BicycleCCのメンバーが現在着用していますので、
 直接確認してください。

▪️購入特典
 メンテナンス、オーバーホール時の工賃を10%OFF
 又は
 商品購入代金から10%OFF

ただし、
 期間は20171231日まで有効です。
 利用は一度、商品購入は店内在庫品に限ります。
 今回のウェア購入代金は除きます。

▪️オーダーシート
 最後になりますが、オーダー用ページを用意しました。下記のリンク先にございます。
 "オーダーフォーム" (新しいウィンドウが開きます)

   

 登録後にサイズの変更などをご希望の場合は、同じリンク先から
 同じ手順で進めていただく事になります。
 その場合、一個人につき複数登録されますが、登録日時の
 最新のものを優先します。


それでは、オーダーをお待ちしております!



...&Bicycle

2017年3月14日火曜日

新着情報2017.03.14 PDW入荷の巻

お待たせしておりました、PDW入荷です。
Bindle Rack、何度、発注、入荷、完売を繰り返した事でしょう。
お好みの大きさのドライバッグだけでなく、バックパックをくくりつけても良し。
シートピラーにブラケットで固定し、サドルのレールにストラップで固定しているため
バイクを左右に振ってもラックが動く事なく、走りに集中できます。

しかも、本体400gを切る軽量なラック。お早めに。

そして、ポンプが各種、各サイズ。
オススメはフレームポンプですが、フレームサイズによっては装着できないものもございます。
そんな時は是非ともPDWを。小ささを優先するのであれば、Ninja Pumpを。
ハンドポンプの機能を優先するのであれば、Little Silverを選びましょう。
ハンドポンプ、ガスカートリッジ併用できますので、使い勝手にも優れています。

ラストは、ライト。
新作のアステロイドは点灯/消灯の操作がレンズ部分をダブルクリックするもの。
前後で揃えて使用するのが良いでしょう。

Aether Demonと同様、乾電池を使用しないタイプで軽量、コンパクト。
点灯パターンも他社では見られないものですので、是非お試しを。

...&Bicycle

2017年3月13日月曜日

Cannondale(アルミ) から Felt(カーボン)へ。

みなさん覚えていらっしゃいますでしょうか。

 スケルトンになったCanonndaleを。

コンポーネントの載せ替え先に選んだのはこちら。
 FELT AR1。
エアロロードの名の通り、フレーム、フォークの造形の至る所を
"空力"に配慮しています。

ワイヤー類は全てインターナル。リアブレーキはダイレクトマウント式。

FD、RD、リアブレーキはULTEGRAへ。ゆくゆくはSTI、クランク、
フロントブレーキもアップグレードされるとの事。

ただでさえ軽いフレームですが、クラウンレースはフォークコラム一体式と、
カーボンの造形の自由度、そして強度を存分に活かしています。

今回はご自宅に置けるのは1台だけ、という方のご依頼で作業を行いました。

この方法であれば、お手持ちの部品、車輪などを有効に活用し、台数を増やさず
更に費用も抑える事ができます。
尚、フレームによっては互換性のない部品も様々ありますので、
まずは店頭にてご相談いただく事をオススメします。

...&Bicycle

2017年3月9日木曜日

新着情報2017/03/09

お待たせしておりました、Fizik オフロード向けシューズが揃いました〜。
 左はM3B、右はM4B。全てが新しくなったといっても良い
2017モデルです。

アッパー素材は汚れがつきにくく、かつ洗いやすい。
甲〜親指に向けて斜めにカットされた羽根はフィット感がとても向上しております。
 モデルによる違いはアッパーのデザイン、BOAの種類、そして
M3Bがフルカーボン、M4Bがカーボンコンポジットといったところ。
アウトソールの素材は少々柔らかめで路面への食いつき、泥はけがよさそう。

さらに、両モデルともアキレス腱のあたりにシリコン素材でドット柄を配置しています。
激しい動きに対し、不意にずれることが起きにくいように配慮が見られます。
これはとても良い処理ですねー。

各サイズご用意しておりますが、代理店の在庫も少ないようですので、
次のCX、MTBシーズンインまで待つよりもお早めに入手することを
オススメします。

...&Bicycle

2017年3月6日月曜日

Cannondaleから

本日からは、 此方の作業を開始。
Cannondale CAAD8。アルミフレームと言えば!ですよね。
最近は小規模なフレームビルダーも手がけるようになってきた
アルミ素材。気になるところです。

バックには先日作業を始めた実用車。補修部品の入荷待ち。
スポーツサイクルのように、簡単に車輪をつけ外しできるわけではないので、
スタンドに固定したままです。

コンポーネントを新しいフレームに載せ替えるということで、
スケルトンの状態に。

写真に撮れば2枚で済みますが、ポジションの記録、外した部品の状態を
確認、清掃、注油、車輪の確認、清掃、振れ取り、注油などなど。
新しいフレームへそのまま部品を載せ替えることができるか、お客様への
説明、見積書の作成、提出などなど。
やることは多いです。

...&Bicycle