スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月 25, 2017の投稿を表示しています

最近のお仕事

メンテナンス、ホイール組みなど、不思議なもので短期間のうちに
連続して作業を承る事があります。

今回は、、、ベアリング交換。

WhiteIndustriesのBB。
ハブも含め軽量なのは良いのですが、どれだけ丁寧に扱い、手入れを施しても
ベアリングがダメになることが多い。シールを開けて清掃、グリスアップを行うのにも限界があります。
 ということで、TNIのセラミックベアリングに交換。
クランクが驚くほど軽く回るようになります。
ハブ、BBの回転の引っかかり、音なりに悩んでいる方は、一度ご相談を。

続いては、REYNOLDSの車輪。
前後とも、TNIのセラミックに交換。特に問題は見られなかったものの、
積極的に交換ということで、こちらも驚くほどに回転が軽くなりました。
 リアハブは特殊な構造のため、交換に難儀しましたが、、、

そしてもう一つ。FFWDの車輪。こちらはスポークが切れたということで
ご相談を承りました。使用した距離は2,000kmほど。
まず切れないというSAPIMのスポークを使っているのに、短期間の使用で切れるとは?
確認してみると、スポークにダメージが見られます。
チェーンがスプロケットと車輪の間に何回か落ちたのでしょう。
ドライブ側のスポークを全て交換し、組み直します。
合わせて、DTハブのスターラチェットを清掃、グリスアップ。
きちんと手入れを施すことで、本来の性能が蘇ります。

定期的なメンテナンスを忘れずに。

...&Bicycle