スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2012の投稿を表示しています

良品 #2

GARMIN EDGE800/500の救世主?として急遽現れたBAR FLY

唯一の欠点?はハンドルクランプ部が31.8Φのみの対応であるということ。

だが、、

しかし、、、

は、博士!(もうイイですね、、、)
31.8Φでないのに固定できます!!

秘密(と、ここで明かした瞬間に秘密ではなくなる儚さといったら)は、コレ。

ハンドルバーシム。本来は、26.0Φ、25.4Φなどのハンドルを31.8Φの
ステムで使いたい時に使うもの。納まりも良い感じ。

これがあればBAR FLYを使わない理由は無くなる、、、ハズ。
この場合は、良品がBAR FLYなのかシムなのかと。今回はどちらもですね。

BAR FLY、…&Bicycleにも未だ在庫ありますよ〜。

…&Bicycle

慣れ

SundayMorningRide。本日はいつものコースを逆回り。

登りはいずれも勾配が緩く、その分少し距離が長い。
今日はアウター縛りで全てクリア。


何が良いって、いつもと違った風景を楽しめるのが1番。
2番目には、「慣れ」というものを避ける目的もあります。

いつものコース=>走り慣れたコース=>走り方を覚えているコース。
という事は知らず知らずのうちに楽をしていないか?と思うわけです。

マンネリを避ける事、自分に刺激を与える為にいつも違ったコースを
走るようにしています。

後は一番気を使うのはバランス。
姿勢、シフト、ブレーキ、クランクを回す事全てにバランスが取れているか否か。
自分の場合は心拍計もパワータップも使わないし、サイクルコンピュータで スピードを見ながら走る事もしません。

自転車だけでなく、色々な事に対して「慣れ」ていないか常に見直さねば。


…&Bicycle

Retroshift

付けていただくほどお客さんもまだ居ない…&Bicycle。

何でもかんでも自分で試してみます。

ということでRetroshift!!

手持ちのフリクション型のWレバーを使いました。
シフトユニットが無いので、重量はデュラエースよりも軽くなってます。
メーカーの推奨ではシマノのWレバー、バーコン(9、10S)が使えるようですが、
私のように推奨外のものも使えます。試してみて付けばOK!
リヤをロー側に引いた所。この位置に引くのは、少しコツが要りますね。
ブラケットを上から掴んで人差し指で押し込むか、レバーの位置によっては
親指で引き上げる感じ。
人差し指と親指の使い方次第で如何様にも変速できます。
引きそのものは軽いので、力はそれほど要らないかと。

アウターの取り回し。ブラケットは1世代?前のカンパニョーロに似てるかな。

フロントから。NITTOのB135との相性も良いですね。


ブラケットの形状が嫌いでなければ、良い機材だと思います。
重量も軽く、変速も軽い。価格もWレバー(又はバーコン)と合わせても
2万円前後。普通のSTIでは3万円〜といったところでしょう。

個人的には、ブレーキレバーが内側に動かない事がポイントだと思います。

本来はCX用に開発されたものですが、ロード、ヒルクライムにも対応できるでしょう。

デメリットはブレーキレバーにシフトレバーが付くので、ブレーキレバー全体を
握りたい方には、少々違和感があるかも。


実物ありますので、一度触れてみてください。

…&Bicycle

TTTTTTT

色々入ってきました。


ネイビーは女性サイズ。他はユニセックスです。
ブルーは先日終了したツールドフランスでおなじみの
Alpe Duezをモチーフにしたもの。
ホワイトはテクノポップの雄?Kraftwerkが17年ぶりに発表したアルバム、
ツールドフランス公式認定サウンドトラックのジャケットのデザインのもの。

今シーズン、クタクタになるまで着倒してください。
いずれも少量ですので、ピン!ときた方はお早めに。

…&Bicycle

cycle train #1

昨日はお店を休業し、ツーリングイベントのガイド役として参加してきました。

今後のスケジュール、詳細については「BOSOツーリング」を参照してください。
リピーターも多く、毎回定員を越える良イベントかと思います。

早朝8時、千葉県市原市は五井駅に集合。
小雨の中エントリーの8割程は来ていただいたようです。
 ローカル線の小湊線を利用、、、自転車をそのまま乗っけます。

客席から丸見えの運転席。お願いすれば運転させて、、、くれないと思います。

1時間ほどガタゴトと揺られ揺られて、、、

こんな所や

こんな所へ。

はたまたこんな、、、

ぐずついた天気が幸いし、中々の良いペースで走ります。


上ったり

襟足が長くなってきたな、、、

下ったり、、、

で、また上ったり、、、



紫陽花見たりと。

フー、、、

と、合計110キロ。皆さん楽しんで走っていただけたようです。


是非!南房総へ!!

mystery #1

先日、パンク修理で持ち込まれた一般車。

いつものようにバルブ外して空気抜いてチューブ引っ張りだしてと、、、
何かオカシイ。あれ?

チューブが車輪を1周していないんですけど。
確かにパンクしていたが、乗っていて気がつかなかったんでしょうか。
まぁ最近暑いので、幻を見た事にしておきましょう。

ウーン。

ケミカル?

アロマオイル?

バスエッセンス??シャンプーかリンスか。

化粧品???

答えは自転車用のケミカルです。

カナダのオンタリオ州トロントのORONTAS社のケミカルです。

左手奥がスプレータイプの潤滑油。多目的に使用でき、逆さにしたまま噴射も可能です。
手前左手の透明なスプレーはクリーナー。油、泥汚れ落としですね。
その隣はチェーンオイルTYPE A、TYPE B。それぞれドライ、ウェット用です。
そして右手のボトルはWATERPROOF GREASEです。

全てに共通しているのは、生物分解ということ。

説明書きには色々書いていますが、要は環境問題に厳しい
カナダの基準をクリアしているということ。

それより何より、このパッケージ。とても良いと思うのはアタシだけ?

…&Bicycle

Cafe du Cycliste有ります

ちょっと面白いウェアのサンプルが入ってきました。(取扱い元のCircles様に感謝)
フランス発のCafe du Cyclistaです。
Performance series、Urban seriesと2つのラインでわけられています。 Performance seriesについては、薄くて軽い!かつ肩回りと脇にメッシュを 配しているので、モガキ倒しても身体の動きのストレスにならなそう。

Cafe du Cycliste / Performance series Suzanne Jersey S/S  ¥15750 COLOR : White , Blue
Cafe du Cycliste / Performance series Suzanne Jersey Womens ¥15750 COLOR : Blue , White
女性用モデルには、こんな小技も、、、














そしてメリノ混紡モデル。 襟と袖のリブが雰囲気を柔らかく<

バランスバイク

本日は、昨夜のJSpoのTDFの解説をソツなくこなしたカメラマンの辻啓氏がご来店。
Rapha四列島が始まって以来の付き合い。

久しぶりの再会?で話も尽きず、良い午後を過ごさせていただきました。
氏が次シーズンのシクロクロスの秘密兵器!という事でお買い上げ。
(ご子息へのお土産です、、、)


ジャン!REBELKidzのバイクです。12インチ。対象年齢2歳〜
第一印象は軽い!木製です。

ドイツ発、クランクレスで脚で蹴って進むタイプです。 自然にバランス感覚を身につけるので、これに慣れておけば いざクランク付きのタイプに乗り換えた時に怖がらずに 乗れると思います。補助輪要らないかも?

気になるのは、このサイズのラジアル組みのホイールをどうやって
組んでいるのか。やはり職人さんの手作業でしょうか。

 サドル高は調整可能です。(30cm〜38.5cm)

コラムの両側にフェルト素材を挟んで、ハンドルが切れすぎないように。
まだ力の無い子にはハンドル操作がおぼつかないので、切れすぎて
転んでしまわないという配慮が。
タイヤはチューブ式(米式)で乗り心地も良好。


好評なようで種類が少なくなっております。
メーカーの在庫はブラック、ナチュラル、フラワー、バタフライの4種。
勿論、グリップやサドルの補修パーツも用意しています。


…&Bicycle


Oh , Cadel.

今、現役のロードのプロツアー選手で誰が好きか?といわれたら

BMCのCadel Evansと答える。

何故か?と聞かれたら

MTBからの転向組だからと答える。
MountainBike WCの総合優勝者であり、ロードの世界チャンピオンであり
昨年のTDFの総合優勝者でもある。昨年の優勝は、自分の脚で「もぎ取った」
結果。


Cadel Evans Win (youtubeのリンクです。音出しにご注意ください。)

自分が知っているのはVOLVO Cannondaleの頃だが、
DBRなどのチームにも所属していたはず。
ロードに転向という事で当時の強豪チーム?Saecoに移籍した時は、
大丈夫なんだろか?なんて印象もあったが、今の結果が全てを物語ってます。

苦労人、というよりは自分に対して素直になれる人。尊敬。

RaphaContinentalRideで一緒に走っているVincent Flanaganに通じる所があるような。
同じオージーだし。

って、お店の事とは何も関係ない話でしたね。


…&Bicycle

Sunday Ride

本日のRide。

RaphaContinentalRide in TOHOKUの動画を担当されたKさんと市原方面へ。

この所続いている強風と高い気温にお互いKO寸前でしたが、
何とか無事に終了。千葉方面は初めてという事でしたが、
程よいアップダウンと意外と山深い景色を堪能?されたと思います。

しかし、この時期は高強度で2時間以上走るものではないですね。 マメな水分とエネルギーの補給。ライド後のケア(アイシング等による 血流を利用した身体の冷却、筋肉の冷却。補給)を忘れずに!

あ〜水風呂入りたい!まずは仕事頑張ります。
…&Bicycle

最近の仕事

DT 350 HUB(シマノフリー 28H) & DT R450  NOW ON SALE!!!! ※価格はお問い合わせください。



Campy Record HUB & Campy SEOUL88



WI DAISY HUB & DT R415




PhilWood HUB & DT R415


スポークの選択肢は未だ多く無いが、ホイール組みのオーダーを
何件かいただいている。ありがたいことである。

時間をかければ良いというものではないが、スポーク1本1本の
テンションを自分の指先で確かめながら極力同じ力で
引っ張るように心がけると、あっという間に時間がすぎるものである。
自ずと、お客さまの居ない開店前か、閉店前後に作業する事になる。

…&Bicycle



御三家

昨日はretroshiftを紹介しました。

ダブルレバー、バーコン持ってないよ!とお嘆きであろう方に朗報です。
デュラエース、10S用にSL-7900、SL-BS7900、9S用にSL-7700。








在庫しているアルヨ。

ダイアコンペのパワーラチェット式のNon-Indexのダブルレバー、バーコンもね。

…&Bicycle