スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月 5, 2019の投稿を表示しています

新着情報

11月、シクロクロスが開幕してから、はや2ヶ月。シーズンの1/3が経過しました。

早いですね〜。
機材の具合はいかがでしょう。トラブルを未然に防ぐためにも、シーズン中の
機材確認を忘れずに。また、新しい機材を取り入れるのも、早めが吉です。

パナレーサーから、シクロクロス向けのチューブレスタイヤが入荷しています。
 まずはCG-CX。MTBやシクロクロスのクリンチャータイヤとして
同じモデルが存在しましたが、満を持してのチューブレス化。
 主にドライ〜ややウェットな路面に適したブロックパターン。

そしてもう一つは、ALBIT。
こちらは全くの新規のパターン。
同じくドライ〜重めのウェットまで幅広く対応します。
泥ハケの良さそうなパターンは、人気が出る事でしょう。
 パナレーサーに共通しているのは、サイドがとてもしなやかな事。
チューブラーに近い感じとも言えるでしょう。
更に重量がALBIT330g、CG-CX360g前後と軽いのも嬉しい点。担ぎの負担が減ります。
他社モデルでは400gを超えるものが殆どですので。

そして定番の、、、
パナレーサーのエアゲージ。低圧専用モデルです。
いたってシンプルな仕組みは低温、悪天候下での使用でも確実にエア圧を計測できます。

webshopからも購入いただけます。
"Panaracer チューブレスタイヤ"
”Panaracer tire gauge”


...&BICYCLE