スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2019の投稿を表示しています

新着情報

4月末といえば、当店の開店記念日があります。

順調に行けば(行けそうですが)、7周年。

ということで話題のRaphaCustomを利用してウェアを作ります。

3アイテムX2(Men's&Women's)の6アイテム。

まずはMen'sモデルから。
 Proteam Midweight Jersey.
 Proteam nosleeve Base Layer.
 Proteam Bibshorts.

Women'sも同様に3種。



いずれもボディはダークネイビー。カラーはミントグリーンとマスタードの
組み合わせです。
ロゴと共に、"LET'S FIND YOUR STYLE"のテキストが入ります。

テンプレートに用意されていた柄は使わず、昔のRaphaっぽく
カラーの組み合わせだけのシンプルな仕様です。

オーダーは下記のリンクから。各アイテム、ミニマム5着を満たした
場合のみ、オーダー確定です。納期は8週間を予定しています。
"7周年記念ウェア オーダーフォーム"

期間は4月7日(日)まで。

新着情報

ALEXRIMS、といえばシクロクロスでお馴染みのディスクブレーキ向けモデルCXD4が思い浮かびます。

が、
ロードレーサー向け、またはシクロクロス カンティブレーキ向けに最適なモデルがあります。
ALX473EVO。価格約¥50,000、前後で1,500gほどと軽く、11S対応さらにチューブレスレディと
仕様を見るとバーゲンプライス。
他社製品であれば、7〜9万円くらいになるでしょう。
 従来のALX473と比較し、ハブフランジを大径のものに変更。スポークはPillar社の
エアロスポークを採用。
ハンドルやペダルからの入力、捻れに対する剛性が上がり、より前に進む感じが
出てきました。
ブレーキ面の切削処理もとても綺麗。
 アップグレードの手段の一つ、またはトレーニング向けに用意するのも
良いでしょう。

完組は、という事でしたら、、、
近い特性をもつCX24で手組み車輪を用意するのも、おすすめです。

CXD4も在庫しておりますので、お早めにどうぞ。


...&BICYCLE


新着情報

本日はこちら。FELT F85。 後ろブレーキの動きがおかしいと持ち込まれてきました。
よくよく調べると、左STIのブラケット部分が破損。。。ユニットの交換では
対応できない壊れ方をしたため、左STIを丸ごと交換となりました。
シマノの場合、片側だけでも手配できるので助かりますね。
合わせて回転の渋かったBB、ワイヤー、ブレーキシュー、チェーンといった
消耗品類を全て交換。BBはULTEGRAを選択。見た目も小振りになり、耐久性や
回転性能も申し分ないものです。

続いては、
CANYON。こちらは購入後の最初の点検に持ち込んでいただきました。
ボルト類の緩みや変速、ブレーキ調整などを行いました。

東京の反対側のABOVEBIKESTOREさん、EFFECTさんと共に
CANYONメンテナンス指定ショップということで持ち込まれる機会が
増えてきました。

モデル、サイズや装着されているパーツに関して等、購入に関する相談、
どうぞお気軽に。

...&BICYCLE


新着情報

昨年の9月に始まり、昨日の富士川CXを最終戦としたシクロクロスシーズンが終わりました。
これまでで最長のシーズンだったのではないでしょうか。

今回は一つの試みとして、昨年の11月頃にバイクポジションの見直しを行いました。
元プロロードレーサー小橋さんによる、YURI FIT。

昨年の4月に事故に遭遇し長期入院、リハビリとなった私。体力が落ち、
筋力も衰えた時は、さてどうしたものかと天を仰いで、、、ばかりもいられず。

逆手に取って体を作り直す、バイクポジションを見直す良い機会と考え、
思い切って受けることにしました。

その内容はとても興味深く、BIKE FITの資格を持つ私でもなるほどと
気づくことばかり。

今回はポジションだけでなく、機材も変更。

まず、サドル。
シクロクロス。
ロードレーサーX2。
 これを見ただけではわかりにくいですが、レギュラー幅(142mm前後)から
全てラージ幅(152mm)を選択。
レギュラー幅でも不便は感じていませんでしたが、ラージ幅を使うことで
"より"安定したペダリングが可能に。

続いてペダル。
シクロクロス。
ロードレーサーX2。  クランクブラザーズはシャフトを変更し、+5mm外に。
シマノペダルは+4mmモデルを選択。

足の運びで言うところの一軸か二軸かと表現すれば良いでしょうか。
足を真下に踏み切る感覚がとても良好で、無駄なくペダルに力が
かかっているような。
クリート位置が一番外、内に入っているのであれば、ペダルの変更は有効です。

とは言うものの、ポジションと機材を変更して直ぐにモノにできた訳でもなく、
当初は違和感やちょっとした痛み、力の入れにくさや疲労と向き合う時間が
大部分を占めました。
約4ヶ月、3月に入ってから良くなってきたようです。

クランク長やハンドル幅は話す方も多いですが、殆どの方があまり意識する事が無い
サドルやペダルも適正なものを選ぶだけで、より快適に走る事ができるようになります。

紹介したサドル、ペダルはいずれもレンタルしますので、ぜひお試しください。

...&BICYCLE


新着情報

皆さんはロードバイクのタイヤをどの位使いますか?

私は5〜6ヶ月。前後入れ替えるローテーションも行いません。
走行距離を考えれば、タイヤが磨り減って路面との接地面が平たくなるまで
使っても良いのですが。

一つ、タイヤの性能を一番美味しいところまで使う。といったところでしょうか。
もう一つは安全、安心のため。磨り減ったタイヤでの下りや濡れた路面、
ブレーキ操作など、様々な状況で身体一つで走るわけですから、なるべく
機材を良い状態に保っておきたいものです。

最近、使い始めたタイヤの印象がとても良いです。

一つはPANARACER EVO3 Type C。クリンチャーモデル。
 ヨーロッパでの石畳のレースを想定した云々、、、とあります。
路面状況の良いと言われる日本、私の主に走っている千葉もご多分に漏れず。
それでも、場所によっては荒れた路面に遭遇することもしばしば。
路面の凹凸を上手に潰してくれるような感じです。大抵の舗装路であれば
とても滑らかに、ストレスなく走ることができます。
サイズが26C,28Cとあり、価格が¥5,410(税別)と抑えめなのも嬉しい点。
 もう一つは、チューブレス。
定番ですが、IRCを2モデル。
 FORMULA PROに
FORMULA PRO Light。

どちらも使い始めたばかりですが、転がりは軽く、ヒルクライム、ダウンヒル、
様々な路面でも問題なく使えます、、、当たり前ですね。
もう少し乗り込んで、感想を述べたいと思います。

いきなり使うのが不安、、、という方向けに、どちらもレンタルしております。
思う存分、試してから決めてください。


3/17 15時頃〜19時半の営業です。

...&BICYCLE

シクロクロス千葉

今年もやってまいりました、シクロクロス千葉。

千葉みなとにある千葉ポートパークを会場とするこの大会。
芝、土、シングルトラック、砂浜と様々な路面を攻略するには
一筋縄では行きません。

し、か、も。
 今回は雨、、、私の好きな天候。

レースは3ヶ月ぶりと少々不安もありましたが、80%ほどの力で上げ下げせず、
極力ミスをしない走りで6位とまずまずの結果。

それよりも、復帰してから常に感じていた、気持ちと体の動きのギャップが
少なくなったのが、良い報せでしょう。
おなじみの、KUALIS CYCLES。
復帰してから短期間で体に馴染んで思うように扱えるようになったのは
オーダーフレームの成せる技でしょう。
 ギアは38X19をセット。
今回、使ってよかったのはGIRO PRIVATEER LACE。  2019年の新作ですが、ソールの程よい"しなり"は砂浜での苦手のランで
遅れることもなく、オリジナルのアウトソールはとてもグリップがよく
ペダルにステップインできない状態でも全く滑ることがなく
走ることができました。
アウトソールに関しては、上位モデルEMPIRE VR90のビブラムソールよりも
優秀ですね。
ドライであれば、EMPIRE VR90、ウェットであればPRIVATEER LACEと
2足用意でかなり幸せになれる事でしょう。

2019年、イチオシのシューズです。
 Special Thanks T.SAITOH.

次回は最終戦富士川CXに参戦します。


新着情報

ROTORクランクと言えば、密かに新型に移行しつつあります。

新型はクランクアームに直接チェーンリングを固定するタイプ。
従来のモデルは、PCD110、5アームと、チェーンリングの選択肢が豊富に選べるのが
メリットでしょう。
現在、3D CX1モデルのクランク長170,172.5mmと少量残っている模様。

シクロクロスシーズンもひと段落。メンテナンスで預けていただく方が
増えてきますが、次シーズンを見据えての導入をオススメします。

続いては、
従来より取り扱いのあったTHULE。自転車の車載用キャリア、ベースと
豊富に用意しています。
中でもProrideはサイクルキャリアの定番品として人気の一品。
ベース、ベースバーなど最新モデルであるものの、メーカーでは欠品となっている
ものも手配可能です。
車種、年式で取り付けできるモデルが変わってきますので、まずはご相談ください。


...&BICYCLE

新着情報FELT FR30

久しぶりに完成車が入荷しました。
 FELT FR30 2018モデルです。2019モデルとの違いはコンポーネントが同じ105 2X11S、
5800か7000かの違いのみ。
トップチューブからシートステーにかけての滑らかなフレームワークは
無骨に作られることの多いアルミフレームとは思えないほど。



車輪はチューブレスレディ、先日紹介したALEXRIMSのCX24、と思われます。

注目ポイントはもう一つ、サイズ430mmということ。145〜155cmくらいの
方にピッタリのフレームサイズです。ホイールサイズはもちろん、700C。
なかなか出てこない1台です。
通常19万円を超える価格ですが、3月中にご購入いただいた方には40%OFFでお渡しします。

乗り換えやこれからロードバイクに乗ってみたい、という方は是非一度
ご覧いただけますと幸いです。


...&BICYCLE

新着情報

今回はCIELO MTBのメンテナンスを。

 消耗の進んでいたPDWのグリップ。グリップコアのみ交換で対応。
こういった補修部品を用意してくれているのが嬉しいところです。

合わせて、リアエンドの小物を交換します。
 MADE IN USA!ということでParagonMachineWorksに交換します。
ブラックカラーで見た目も引き締まりますね。
 すでに製造を中止し、今では入手できなくなったCIELO。
大事に乗り続けてほしいものです。


3/3 16時頃〜20時の営業を予定しています。


...&BICYCLE