スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月 2, 2018の投稿を表示しています

新着情報 KONA PRIVATE JAKEを組んでみました

先日、入荷したばかりのKONA、早速組み上げる機会に恵まれました。
今回のお客様は、ロードレースでもJBCFで競技者登録し、活躍されている方。
ロードレースもひと段落、という事でシクロクロスシーズン開幕。
全体像はこのような雰囲気です。マットブラック&マットレッドがとても精悍です。
コンポーネントはもともと乗られていたバイクから載せ替え、足りない部品を
こちらで用意しました。
車輪は人気の続くALEXRIMS CXD4。8 - 11S対応、チューブレスレディ、重量1550g、
クイックリリース、フロント12 or 15mmスルーアクスル 、リア12mmスルーアクスル に対応。
価格は¥46,000(税別)とくれば、最初の1セットとして用意しない理由はありません。

STIは発売されたばかりの105の油圧。
ブレーキキャリパーは、フロントは同じく105のフラットマウント。
 フレームのブレーキ台座がポストマウント式のため、リアはBR-RS785を選択します。

ヘッドセットは過酷な状況で長く使っても安心のCHRIS KING Inset2。フレームカラーに合わせレッドを選択。
 スプロケットは105、11-32を。
 チェーンリングはWICKWERKSの42Tを選択。平地も上りもこの組み合わせで
問題なく走ることができるでしょう。
 ボトムブラケットは PF30、今回はBBBのスレッド式のものを使用します。
費用と回転の良さからすると、ベストな選択。

 今回はシングルスピードにはしないため、リアセンターを詰めたセッティング。
旋回性能の向上を意図しています。
旋回にはフレームのヘッドチューブ角、フロントフォークのオフセット、トレイル量が影響しますが、
後輪がそれに追従してくるか、も見逃せないところです。
逆にストレートや高速コーナーが多いコースでは、リアセンターを伸ばしたセッティングに
変更するのも有効でしょう。
 ディレイラーの固定部分に小さく見える赤いアルマイトの部品。
RIDEAのストッパーです。ディレイラーが動きすぎないように働き、
いわゆる"モゲル"事を防ぎます。

ステム周りのボルトは腐食、ボルト穴が舐めかかっていたのでチタンに変更。

そのほか、シクロクロスに用いるための様々な工夫を凝らし、組み上げました。
今シーズンの走りが楽しみです。