スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

創造と破壊の狭間。

Grass Track、という聞きなれない単語があります。
その名の通り、芝生のエリアに陸上のトラック競技のように
周回できる場所を設け、幅広のタイヤを装着したフリーギア無しの
固定ギアのTrack Bikeで競うというもの。もちろん、ブレーキレス。

非常に楽しそうです。
作ってみました。
ベースはIndependentFabricationのPlanet-X。ブレーキは装着します。
フレームを新たに用意するのも時間がかかりますので、まずはここから。


よくよく見ていくとですね。
とリアホイールが後ろに引く事ができないのに、チェーンのテンションが
きちんとでています。
フレームのリアセンターの長さにもよりますが、チェーンのコマを
四苦八苦して繋げても、なかなかこうはいきません。

シングルスピードでは馴染みのあるWhiteIndustriesのエキセントリックハブ。
フレームへの固定軸とハブ本体の中心軸がオフセットしています。
ハブ本体が偏芯することでチェーンのテンションを取るというもの。
130mm,135mm用、フリーギア、固定ギア装備可能とあれこれ対応も
できます。

こういった仕様で新たな使命を持つ、というのも一つの形。

この仕様でもチェーンの長さ、ブレーキシューの位置など
考慮すべき点は多くあります。
これまでに何度も組んだバラシタをくりかえした仕様ですが、
覚えているようで忘れていることも多く、習慣、反復の重要さを感じます。




...&Bicycle




新着情報〜2015.09.15〜

暑かった夏が懐かしいような気もしますが、もう朝晩の空気はすっかり
秋を感じるようになってきました。

となると、自ずと走る時間や距離も伸びてくるもの(少なくとも私は)。

キャットアイ、PDW、LEZYNEからライト各種。
軽量、コンパクトなUSB充電式のものが使いやすくてオススメです。
積極的に走っていることをアピールしましょう。
くれぐれも、ライトの角度にはご注意を、、、

 フロアポンプも入荷中。LEZYNE、 PDWはもちろん、
定番のZefalのフレームポンプも揃えております。


トリはDefeetからシューズカバー、グローブ、ソックスがドーンと。 デザイン、カラーによってはシーズン中の追加発注のないものも あります。 秋冬に向けて早めに身支度を整えることをオススメします。


...&Bicycle

展示会情報〜カワシマサイクルサプライ〜

昨日はFizik、カンパニョーロ、クランクブラザースなどを
取り扱うカワシマサイクルサプライの展示会へ。

駆け足ですよー。

Fizikのバーテープ。
グリップ力に優れたタイプ、これまではブラック、ホワイトのみでしたが、
カラーが増えます。
グリップ力はもちろん、耐久性が良いのも特徴。
 グリップ力と耐久性は比例しないものがおおいので、オススメですね。

 クランクブラザースからは工具、ペダル共に新色が追加。


 MADE IN ITALYのポンプ。
作りはSILCAのまま、といったところ。
ポンプヘッドにHIRAMEを使えば完璧ですね。



 再びFizikからはシューズ。
新型のM6B。シティ用、またはMTB向けのエントリーモデルでしょうか。

シューズカバーもですね、
 歩行に配慮した補強、一部ゴムを採用して装着時のストレス緩和に配慮。

16年のオススメになりそうなのはこちら。
R4B。足の甲から親指にかけたカットでフィット感は従来のモデルより
とても良くなってます。
BOAのデメリットであった、点で締め付けるのも解消しています。

よりレース思考の方にはR1の新型を。








ちなみにMTBモデルのM5Bの41.5〜43は間も無く入荷します。
シクロクロス、MTB向けのシューズをお探しの方はどうぞお早めに。


...&Bicycle


展示会情報〜AKI&Bern〜

駆け足でいきます。

何と言ってもこちら。昨シーズンからBen Berden選手が使用していた
TRP Hylex とSW-R600の組み合わせ。
ブラケットフード内側のデザインはこのため。

私はシーズンオフから、ですが早速使用してみたいと思います。

続いてはニッチなところで。
 TRPの機械式ディスク(対向ピストン)のspyreシリーズのダストカバー。
 シビアなコンディション下であっても更に安定した制動性能が期待できますね。

スルーアクスル対応のカーボンフォークに

プレスフィットBBユーザの福音となるのでしょうか。
音鳴りを避ける事に注力したBB。
その仕組みはこれまでの製品よりも捩じれに対しては強そう。


 と、完成車をみていきますと、、、
 懐かしいカラーリングなのかこれからの流行なのか。
シングルスピードモデルのUNIT。


 うっかり撮り忘れてしまいましたが、CXのレース用途にはJAKE THE SNAKEを推します。

ツーリング派にはROVE STとALを。

MTB派にはEXPLOSIFを。
ホイールサイズ650B、サスペンションは何と!FOXを採用。
パープルとオレンジのフレームカラーも、すごく良かった。


と、次なる場所は何年ぶりかの代官山周辺へ。
スーパーオールドはYETIに歓迎されつつ。

新しく取引を始める事にした、ヘルメットのbern。
ロード、CX用途にオススメのモデルや

定番モデルも。

男性、女性専用モデルからキッズまで幅広いラインナップ。
とても楽しみです。

明日はFizik、カンパニョーロなどを紹介する、かも。


...&Bicycle

新着情報〜2015.09.07〜

暑い暑い、と話していたのが遠い昔のような雨模様。

もう少し残暑というものがあっても良いような、、、

SASのウェア、入荷しております。
初期のRaphaを思わせるシンプルなデザイン、ジャージ2種、ビブショーツ、
ジレ、ジャケットのみという商品群。

ジャケット、ジレが入荷してきています。
4wayのストレッチ、これからの季節に必要な防風、撥水生地を採用し、
RaphaのWindJacket以上、HardShellJacket未満といった感じでしょうか。

一番良いのはフロントがダブルジップであること。
下部のジッパーを少し上げる事で、蒸れも防ぎかつ風でバタつく事なく
ストレスの少ないライドができます。

と、ディスクブレーキ用完組車輪の決定版(今の所)
A-CLASSのCXD4。1600gを切る重量、4万2千円(税抜き)の価格、
チューブレスレディといい最初の1本に最適でしょう。

た、だ、し。

リムの形状とチューブレスタイヤの形状がフィットしない事もあります。
私にもできます、入荷後翌日取りに行きます、などは控えていただいた方が
良いでしょう。
セットアップのコツは。
・ビードが上がらない  純正品の小物を使用し、マニュアル通りにセットアップしているか。  空気を入れる側から空気が漏れているか。  ビードとリムの密着度が強い場合、上がるケースが多い。  空気が漏れるということは、密着度が低い。
密着度を上げるにはどうすれば良いか。
リム、タイヤの相性にもよりますので、どのやり方が絶対に良いという事は ありません。 リムの形状、タイヤの品質、各々を組み合わせた時の相性と、千差万別。

...&Bicycle


...&Bicycleとは

の前に、納車です。

KONAのスチールロードレーサー、KAPU。




スチールフレーム&フォークにシマノ11Sコンポ、MAVICの完組ホイールと
「十分」な内容。
今回はマラソンを普段楽しまれる方からのご依頼。
使用する条件やご予算の中からこちらを選択していただきました。

多方面から自転車を始める方が増えると良いですね。



と、...&Bicycleについて改めて。

完成車の展示(在庫)が殆どありません。

私の実車や貸し出し、試乗用の車両を見ながら、カスタマーの
用途(ジャンルや予算などの希望)を確認し、適したバイクを提案。
注文をいただく事が殆どです。

他にはといえば、、、
 ホイール、組みます。

 ファットバイクも組みます。

 MTBも楽しんでます。

 朝からハーハーしてます。

 ...&BicycleCCというチームがあり、メンバー、アンバサダーが所属しています。
まだまだ学んでもらう事は多いですが、中には前途有望な若者も。

 気の置けない仲間がいます。

時々Tシャツ作ってます。

 Di2。
 フェンダーの組み付け。
 ディスクブレーキのブリーディング、一般車のパンク修理やカゴの交換もやります。




様々なジャンルの自転車を触るようにしています。


自転車を上手に扱うための会もあります。

 なぜかキウィも栽培し