スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

Deep Purple②

Deep Purple

Deep Purple

、、、違います。
R45 28H Campy!
先日ご紹介したヘッドパーツ同様、当店で休息しているCieloにも似合いそうだ。

リムはOPEN PROかambrossio辺りの黒リムが良いですね。
シルバーで組むよりも、アクの強さが欲しい。



続く




…&Bicycle

Rouleur,PRIVATEER&Annual6

千葉は本日、雨模様。晴耕雨読。
Rouleur,Privateerの最新号入荷しました。 読んだ事が無い方はこの機会に。これまで読み続けて来た方も最新号を手にする機会です。
中々お目にかかれないレースの裏側や
息を呑むような風景。
そして、好きな人が飛びつきそうな記事。


更にはRouleur Annual 6 も入荷しております。
こちらはGrassTrackの風景。絶対に面白いよコレは。


という事で、絵になる1冊(正確には3冊)の入荷情報でした。

…&Bicycle

試乗車

STORCKのVISIONER。
最近、このアルミ&カーボンフォークのバイクに乗ってます。
用意していただけるわけもなく、必殺"自腹"です。 お恥ずかしながら、アルミフレームのバイクに乗った事が無いんです。
スチール、チタン、カーボンはその特徴が判るくらいには沢山
乗りましたが、何故かアルミだけ。 乗った事が無い素材について、アレコレ言えませんので。



 コンポはSRAM、、、カセットスプロケットは1,2,,,11枚。

でもってフロントは1枚。凄い!11段も変速できる!!!
そう、シフト周りはカンパニョーロです。
試乗車としてしばらく置いておきます。
今時の”ちゃんとした”アルミフレームを体験してみてください。
"良い"か"悪いか"と聞かれたら、"良い"と答えます。


しかし、ホームページの掲載情報が過去のままだったというオチは
まったく笑えない話。もうちょっと頑張ってほしいものです。

…&Bicycle

お知らせ

試乗車として使用していたsalsa の colossal ですが 次の乗り手が見つかりました。
多くのお問い合わせ、ありがとうございました。
…&Bicycle

D-track

本日、SurlyのDisc-Trackerを納車しました。

ベース車両は、ロングセラーのツーリング車、LongHaulTracker。
こちらをDisc化したもの。

天候に大きく左右されないディスクブレーキの効き。
ツアラーとしての能力をさらに一段上げたように感じます。
 ブレーキはAvidのBB7。日本で容易に入手できるワイヤー引きディスクブレーキの
良品の1つ。ここをBB5としない所にパーツセレクトにも手を抜かない
コダワリを感じます。その差は大きい。

スポークホルダーを装備。万が一のスポーク切れにも対応。
元々36Hのホイールを採用していますので、ハードな行程にも耐える事でしょう。

とは言うものの、納品時に既に振れが出ていたのとテンションが
低めであったのでほんの少しだけ締めておきました。これで一安心です。


ライダーは、長い事スチールのクロスバイクで輪行をしながら
未舗装の林道や更にその奥まで走りに行くという、ハードコアな御方。
流石に機材の限界を感じたという事で数回ヒアリングした後、
頑丈である事、ディスクブレーキを装備している事から、
D-Trackを選択していただきました。
奥地に入りすぎて迷子になりませぬよう、、、

ライダーの様々な使用用途に応えられる、Surlyのプロダクツ達、
といった所でしょうか。

…&Bicycle

楽しむ事とは

本日のSunday morning ride。


朝から猫にそっぽ向かれましたが、、、
トレイル初体験のお客様をお連れしての、トレイルライド。



ヴァリエーションに富んだ房総のトレイルを堪能していただいたと思います。



 本日の装いは、RaphaのWindJacket、Merino base layer、FixedJersey、3/4shorts。
トレイルライドにも使って問題無し。

バイクはIF SteelDeluxe。26inchMTBですが、700Cのシクロクロスチューブラーの
ホイールセットを装着。これはかなり面白い。幸せになれるよ。

同じくIFのsteel Planet-X、SURLY KARATE MONKEYに650Bをはかせたものを。

ライド後は足湯で暖まり無事FINISH!
MTBを冬場に取り入れる事で、短時間でも強度の高い運動ができたり
全身の筋肉に刺激を入れられる、バイクコントロールが身に付くなどなどありますけど。

ともかく、メチャクチャ楽しい!の一言で表現できると思います。


という事でこれからお店を開けます、、、


…&Bicycle

Saturday morning ride

おはようございます。

まだまだ北風の強い日は続きますね。
寒い寒いとぼやきつつ、本日もSHOP RIDEへ。
主題はトルコ帰りのライダーK氏を迎えてのリハビリライド?

北風の吹く中、AMANDAを駆るO氏に全引きしていただき
向かった先は。
 行列のできる某パン屋さんへ。
行ったことの無いトルコ。いつかは行くかも?と思いつつ情報収集、、、

各々、好みのパンを購入し、帰路へ。追い風にのり特急で帰宅。

LOOKにAMANDAに、、、もう1台は見慣れないバイクですね。

では、本日も無事オープンです。

…&Bicycle

Deep Purple①

Deep Purple。

Purple Haze 、、、違います。 1 1/8 NTS
色香るような。

いよいよ、コロラド州デンバーではNAHBS2013が開幕しますね。
昨年のサクラメントからはや1年。
今年は行く事ができませんでしたが、また必ず行ってやります。
人との会話、プロダクツを見たい欲求が抑えられません。


続く



…&Bicycle

SRAMがキタ

2013年より取り扱い元が変わったSRAM軍団(AVID、ROCKSHOX、ZIPPなどなど)。

まずはコチラ、、、
ケーブル。見れば解りますね。

SRAMは他社とはサイズの違う1.1mm径を採用しているので、
不可欠なんです。これで一安心です。
1.1mm! 

そしてAVIDのカンチブレーキの最高峰、ULTIMATE。
調整のし易さと効きはディスクブレーキにも引けを取りません。

軽量、タッチの良さも◎何と言ってもこの仕上げが格好良いです。


 ちなみに装着例、、、リア。
標準のブレーキパッドからKOOL-STOPのシビアコンディション用に変更してます。
悪コンディションでも無問題。

フロント。
で、気になる価格、、、片側¥10,500。
ちょっと気になったので某海外通販を見てみると。同じく¥10,000を超える価格。

ものによるのでしょうが、この場合もう海外通販頼みにしなくても
良いのではないかと思うんですよね。

情報だけ入手してほんの少し安い所を探して購入する。
はたまた、一度注文いただき発注済みであるにも関わらず
他所で入手したのでキャンセルなど、、、
そこで終われば良いですが、いつの日か私がそのパーツの付いたバイクを
目にするわけで。 やっぱり気持ちよく仕事したいですしね。

もちろん、ご予算の都合によりどうしても、という場合は
一言相談していただければ済むんですけどね。
要はきちんとコミュニケーション取りましょうよと。

少々脱線しましたが、、、今回はスモールパーツも取り寄せてみました。
apex用のリアディレーラーのアジャスターバレル。約2週間で入ってきました。
こういったパーツが確実に入手できる点はとても評価できると思います。




…&Bicycle

絶賛メンテナンス中

Independent Fabrication のsteel planet-x。

ただいまトルコに出張中のK氏のもの。
初めてのCXシーズンを満喫し、早くも次シーズンを見据えての
オーバーホールのご依頼です。

このフレームは私の組み付けたもの。実はどんな状態か気になっていました。

各部のチェックと清掃を実施。
チェーンリング、カセットスプロケット&チェーン。チェーン離れの良さを 体感していただける事でしょう。
 フレームも綺麗に。無数に入ったスクラッチ傷。CXの激しさを物語っていますね。

と、ホイール2組。CHRIS KING R45のハブを採用したENVEに。
 ambrossioの手組。こちらは私の組んだものですが、テンションを一段上げてみました。

リングドライブもチェック。
どれどれ、、、

ほうほう、、、
汚れも無く良い状態を保ってますね。
1シーズンの使用にも十分に耐え、かつメンテナンスも容易。
しっかりとメンテナンスを施す事で高い性能を維持しつづける。
CHRIS KINGはヘッドパーツだけでなく、ハブも非常にヨロシイわ。


さて、4月になり暖かくなって乗り始める方も多いかと思います。
冬場は寒すぎて止むを得ず寝かせておいたバイク。
乗る前のメンテナンス、早めに始めてみてはいかがでしょうか。

綺麗かつ整備されたバイク、気持ち良く乗っていただけると思いますよ。


…&Bicycle

RAL

RALって何ジャロ?
答えは、、、カラー見本です。 正しくは、ドイツの標準色票。世界中で使用され工業デザインやインテリア等々で 使用されているもの。 右に見えるのはIFのカタログに記載のカラー。豊富に用意していますね。
知っている方もいらっしゃるかと思いますが、カタログ外のカラーも
受けてくれます。(アップチャージは発生しますが、、、)
そして出て来るのが、左に見えるRALのカラーチャート。
そんな時に、このカラーチャートが活躍してくれます。

例えばグリーン系、、、

赤、、、

トータルで210色をチェックできます。好みの色が見つかれば、
オーダー時にコードを指定すればOK。
もちろん、シートの見本とパイプに塗装したものは完全に同じ色合いになる、
というものでもありませんが、限りなくイメージに近い出来上がりになります。

IndependentFabrication、KUALISのオーダー時にはこのRALとPaint refを使って
お話を進めて行く事も。
せっかくのオーダーですから、しっかりと納得した上で作りたいですよね。

オーダー内容の1つ1つの項目が
適当だなんて言わせません。
頭と時間をフルに使って決めているのですからね。

…&Bicycle