スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月 21, 2018の投稿を表示しています

フレーム&フォーク

当店でご依頼いただく事の多い作業の一つ、
フレームからパーツを1点ずつ選択して1台に組み上げる。

お客様のご予算に合わせてパーツを選択できるだけでなく、
体格に合わせたクランク長やハンドルバーなど好みのものを選ぶことが
できるのも利点の一つ。

いよいよシクロクロスのシーズン開幕。
今から始めるのも遅くない、ということでオススメのフレーム達を紹介します。

Ritchey Outback
スチールフレーム&カーボンフォークの組み合わせ。BBはスレッド式を採用し プレスフィット式による音なりの問題とは無縁。 車輪は前後12mmスルーアクスルに対応となっています。 シートステーはリアエンド部にかけて僅かにカーブを描いており、 路面からの衝撃を緩和すると共に、確実に狙ったラインを走る効果が期待できます。
Ritchey SwissCross Disc Ritcheyの名車、SwissCrossにディスクブレーキ仕様が登場。
こちらもスチールフレームにカーボンフォーク仕様。

 Outbackと悩むところですが、ご予算、使用用途、お手持ちのパーツや車輪と
相談して決めるが良いでしょう。

KONA Private Jake
軽量なアルミフレームにカーボンフォークを装備。
前後スルーアクスル と、申し分のない仕様ですね。
BBはWISHBONEを使うことができますので、安心できます。

リアエンドを良く見てみると、シングルスピード化が可能なんですよね。
最初はシングルスピードで乗り、予算を抑えるだけでなくレース中のトラブルも回避。
コンポーネントを多段化にする事で走りの幅もグッと広がります。


車輪は定番のALEXRIMS CXD4を用意すれば、スルーアクスル にも対応し
チューブレスレディという事でレースに使っても全く不満のない一品。
しかも5万円を切るというお買い得な価格。


紹介した3種のフレームに車輪は少量ですが代理店にも在庫があり、
今から用意しても10月前半には各地でのレースを走ることが可能。

モデル、サイズやパーツ類のご相談、お待ちしております。

...&BICYCLE

メンテナンス

今回の作業はこちら。
FELTのロードレーサー。
購入してから約3年、メンテナンスを行なっていないとのこと、、、
ワイヤー、チェーン、バーテープ、タイヤを交換。
流石に3年の汚れを取り除くのは苦労しました。。。



続いてはこちら。
 CANYONのINFLITE。他のお店のチームのお客様、シクロクロスに参加されている方の1台。
バイクのセットアップから何から行なっていますが、いつの間にか昇格していた様子。
一言、報告していただければ組み付けた身としては嬉しいのですが。

問題のあるBBを清掃、グリスアップ。
 プレスフィット式のBBは音なりの問題と付き合い続けないといけないですね。
WISHBONEを使いたいところですが、いつの間にかROTORのクランクに
交換されていた為、それもできずと。

どうか音なりがなおりますように。


...&BICYCLE

新しい車輪を検討されている方に

自転車のパーツのアップグレードの一つに車輪があります。

メーカーの謳い文句は様々、雑誌のインプレ記事の評価も様々。
失敗はしたくないし、どれを使えば良いのか分からない方も多いと思います。

大手メーカーのものを紹介しても面白くないので、こんな車輪はいかがでしょう。
 アルミリムを採用した、チューブレス用車輪。(スポークはオールブラックになります)
Pillarのエアロストレートスポークを採用。ハブボディはカーボン素材を使用し
重量の軽減、捻れに対しても十分な強度があります。

ギアをかけていけばグイグイと進みますし、登りでは軽快に回ってくれます。
ハンドルに体重をかけても車輪が撓むことがないのは、見ていても好感触です。
チューブレス化した仕様で乗っていますが、チューブのない効果(軽さや乗り心地)は
色々な方に使って見て欲しいところ。

重量は1,380g、価格¥58,000。
3set限定。

続いては
カーボンリム、チューブレス、ディスクブレーキ仕様。
アルミ仕様と同じくPillar社のスポークを採用。
ハブはカーボンボディ、信頼の置けるENDURO社のベアリングと手抜きは無し。

重量は1,400g、価格は13万円を切る、、、かな。
3set限定。

実物は店頭にてご覧いただけます。

...&BICYCLE