スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月 19, 2019の投稿を表示しています

新着情報

11月の振り返りになりますが、、、メンテナンスを多く依頼いただきました。
ありがたいことです。

OPEN CYCLES、フルカーボンフレーム&フォークのグラベルロード。
Di2、ディスクブレーキ装備で悪天候、気温の低い時にも気にせず走りに出られます。
カーボンで軽量なのも嬉しい点。
チューブレスタイヤを新調。定番のIRC。
バーテープも新調。控えめなカラーから、今回は鮮やかなターコイズを選択。
BROOKSのレザー製、使うほどに色合いが変化し、握りも馴染んでくるのが良いですね。
続いては、
Ridley Phoenix。こちらもフルカーボンフレーム&フォーク、ピュアなロードレーサー。
大きめのスプロケットを採用し、
バーテープはFizikのVENTOを選択。巻いた感じが2.7mmという値以上に薄く
感じること、滑る感じが皆無なところがオススメです。
タイヤはPanaracer RACE C を選択。26Cという、やや太めのタイヤ幅と
かなりしなやかなスキンサイドは、舗装の良くない路面で、その力を発揮します。
乗り心地がガラリと変わります。

続いては、
カナダはOPUSの26inch MTBをメンテナンス。消耗品の交換にディスクブレーキの
ブリーディングを行い、各部の性能が復活。


最後に。
TNIのアルミロードレーサー。フォークはカーボン製です。なんとフレーム&フォークで¥38,000。ヘッドパーツ付属。
これをベースに、シマノ105、完組み車輪を使って1台に仕上げます。




一番の利点は、好みの部品や体格に合わせてハンドル幅、クランクなどを選択できる点。
完成車を選ぶも良いですが、それほど変わらぬ価格(今回は16万円ほど)で
セミオーダーに近い内容で用意できます。

当店のお客様は、何方もほぼ1年ほどで点検、整備を依頼していただきます。
定期的に車両の状態を確認し、問題のあるなしを判別する。問題がなければ、
最低限の費用、部品の交換ですみます。
ここを1年半、2年と間を開けてしまうと、小さな問題が大きくなり、時間と費用が
嵩む事になります。
ご自身でメンテナンスできるから大丈夫、も確かに正解ですが、第三者の確認を
入れることも時には大事だと考えます。

メンテナンス、気軽にご相談ください。


...&BICYCLE