スキップしてメイン コンテンツに移動

新着情報

11月の振り返りになりますが、、、メンテナンスを多く依頼いただきました。
ありがたいことです。

OPEN CYCLES、フルカーボンフレーム&フォークのグラベルロード。
Di2、ディスクブレーキ装備で悪天候、気温の低い時にも気にせず走りに出られます。
カーボンで軽量なのも嬉しい点。
チューブレスタイヤを新調。定番のIRC。
バーテープも新調。控えめなカラーから、今回は鮮やかなターコイズを選択。
BROOKSのレザー製、使うほどに色合いが変化し、握りも馴染んでくるのが良いですね。
続いては、
Ridley Phoenix。こちらもフルカーボンフレーム&フォーク、ピュアなロードレーサー。
大きめのスプロケットを採用し、
バーテープはFizikのVENTOを選択。巻いた感じが2.7mmという値以上に薄く
感じること、滑る感じが皆無なところがオススメです。
タイヤはPanaracer RACE C を選択。26Cという、やや太めのタイヤ幅と
かなりしなやかなスキンサイドは、舗装の良くない路面で、その力を発揮します。
乗り心地がガラリと変わります。

続いては、
カナダはOPUSの26inch MTBをメンテナンス。消耗品の交換にディスクブレーキの
ブリーディングを行い、各部の性能が復活。


最後に。
TNIのアルミロードレーサー。フォークはカーボン製です。なんとフレーム&フォークで¥38,000。ヘッドパーツ付属。
これをベースに、シマノ105、完組み車輪を使って1台に仕上げます。




一番の利点は、好みの部品や体格に合わせてハンドル幅、クランクなどを選択できる点。
完成車を選ぶも良いですが、それほど変わらぬ価格(今回は16万円ほど)で
セミオーダーに近い内容で用意できます。

当店のお客様は、何方もほぼ1年ほどで点検、整備を依頼していただきます。
定期的に車両の状態を確認し、問題のあるなしを判別する。問題がなければ、
最低限の費用、部品の交換ですみます。
ここを1年半、2年と間を開けてしまうと、小さな問題が大きくなり、時間と費用が
嵩む事になります。
ご自身でメンテナンスできるから大丈夫、も確かに正解ですが、第三者の確認を
入れることも時には大事だと考えます。

メンテナンス、気軽にご相談ください。


...&BICYCLE

このブログの人気の投稿

新着情報

Fizik R1 Bib、好調です。価格は当然ですが、使っている素材(ボディ、パッド)が とても良いのが大きな理由でしょう。 店頭在庫、代理店の在庫共に少なくなってきました。 webstoreでSOLD OUTになっているモデル、非掲載のモデルでも代理店に在庫が残っている場合が ありますので、その際は諦めずにお問い合わせください。 R1 bib、購入か下記のリンクから。 "Fizik R1 Link Bib shorts" また、R1があるならR3も、という事で。 R3 Link Bib shortsも入荷しています。違いはボディ、パッドの素材。 かと言って、廉価版ということではなく問題なく使っていただけます。 R1はコンプレッションがきつくて、、、ショルダー部分が赤くて、、、 という方にもオススメですね。 私のオススメは、R1もR3もパープルカラーのパッドを採用したSNAKE。 ライド、トレーナー共に試していますが、パッド量は薄くなく十分な量。 レース向けに、とのメーカーの案内はありますが、トレーニングやロングライドに 用いても全く問題ないでしょう。 こちらは約60%OFFの9,000円台、R1、R3共に破格ですね。 R3 Bib、購入は下記のリンクから。 "Fizik R3 Link Bib shorts" こちらもwebstoreでSOLD OUTになっているモデル、非掲載のモデルでも代理店に在庫が残っている場合が ありますので、その際は諦めずにお問い合わせください。 お早めにどうぞ〜。 2/2 15時頃〜営業を予定しております。 ...&BICYCLE

新着情報2019.01.05

今回は  PepCycles。フレーム&フォークはクロモリ、車輪は650Bと街乗りでの 扱いやすさにフォーカスしています。 永く乗る、永く使うのコンセプト通り、フレーム、フォークに配置されたダボ類、 パイプの内側には錆止め加工も施されており、乗り手の好み、使い方に 十分に応えてくれる一台です。  シングルスピード、ギアードと対応したリアエンド。  車輪はWTBのBywayに交換。  ハンドルバーはドロップ仕様から、THOMSONのハンドルバー、ブレーキはSLXと 好みの仕様に交換済みです。 用途に合わせて様々な形に変えることができる。PepCyclesはオススメの1台です。 2019/01/06 13時〜17時の短縮営業です。 ...&BICYCLE

新着情報

新型肺炎の影響により、期せずして終了したシクロクロス19-20シーズン。 年が明けてからの後半戦に目を向けてみると、、、 シクロクロス千葉 Photo T.Saitoh Photo K.Watanabe 東北シクロクロス JCX蔵王 ここでフロントフォークをENVE QR式からOne by ESU スルーアクスル式に変更。 効果は抜群。ENVEではなくても良いくらいに感じます。 十分なタイヤクリアランス、フォークレッグからコラムにかけての剛性、 そしてスルーアクスルによる、捻れに対する強さは特にドロップオフに その効果を感じることが多くあります。 その後は湘南(開成)、茨城(城里)、そしてまた湘南(中井)と巡り、 信州(萌木の村)今シーズンで会場となるのが最後、ということで急遽走ってきました。 会場の雰囲気、標高やら寒さ、参加者の質含め、一度は信州を走っていただきたいものです。 来シーズンは信州シクロクロス飯山会場が全日本の地に選ばれたようです。 私も年代別で走ってみようかしら。 タイヤはチューブレスで走ることが多かったですが、常々感じるのは、 やはりチューブラータイヤの方がいいなぁということ。 と、なんとか今シーズンもCM1に残留しました。 会場での暖かい声援、ありがとうございます。 来シーズンは遠方や走ったことの無い会場を訪れてみたいと考えています。 (つまりは、そういうことです) 千葉を含めて関東地方は特にこの半年は、台風や長雨による被害が大きく、  地元でも通行止となる道路が多くみられました。レースも中止が続き、どうなることかと。 まだ半年ですが、 このように開通する道路も増えてきました。これからどんどん、良くなっていくことでしょう。 ということでレースは半年後に置いておいて、週末毎のライドを再開します。 参加希望の方はご連絡お待ちしてます。 3/8,15,20,21 中房総方面 50kmほどの田舎道ライド 3/11,29 南房総方面 80kmほどの林道を含むライド その他、近隣の商業施設周辺を周回するMorningLapsを週2,3回、開催しています。 ...&BICYCLE