スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月 22, 2018の投稿を表示しています

3連戦

JCX小貝川、信州CX白樺湖、富士山と続いた3連戦。

スピードコース、1,500mの高地、芝の重馬場とバリエーションに富むコース。

軽快に走る、とは行きませんでしたが、、、
この半年間の状況を考えれば、レースを走るだけでも満足といった
ところでしょう。

機材は3シーズン目に入るKUALIS CYCLES チタンフレーム、ディスクブレーキ仕様。
フルオーダーで好みのハンドリングに仕上げた事もあり、レースでは狙ったラインを
外す事なく、ストレス無く前に前にと進みます。

今シーズン、様々な組み合わせのタイヤ、車輪を試しています。

レース直前に降雨のあった小貝川、白樺湖では、フロントにカーボンリムXChrisKingハブ、Challenge BABY LIMUS チューブラー。
リアはPanaracerのREGA CROSS チューブレス。
車輪は取り扱いを始めたばかりのカーボンチューブレスを選択。
やや走りの重い組み合わせでしたが、ぬかるんだコーナーでのグリップは抜群。
ウェットコンディションではこの仕様が良さそうです。

富士山ではフロントはCXD4にChallenge CHICANE チューブレス。
リアはカーボンチューブレスにPanaracer REGA CROSSを選択。
特にCHICANEの選択が大当たり。スリックパターンは漕ぎの軽さ、
しっかりとしたサイドノブは安定したコーナリングに効果大。
更に柔らかめのケーシングはチューブラーのような感触と今後の使用機会が増えそう。

Challengeのチューブレスタイヤ、オススメです。

今シーズン使用を始めたカーボンチューブレス 。
重量の軽さとスポークテンション高めに設定したこの車輪、
"かかり"が良くストレスなく使っています。
もう一つ、
ハブ軸10mm径の特別仕様のハブに同サイズのDTのスキュワー。 フレーム&フォークはクイックリリース式、通常はハブ軸5mm、同サイズのスキュワーを 使うのですが、 10mm径はスルーアクスル に劣らない、捩れに対する強さがあります。
タイヤ、車輪共に当店でご用意できます。まずは実物を店頭でご覧ください。
さて、次はどこのレースを走りましょう。

...&BICYCLE