スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月 28, 2019の投稿を表示しています

新着情報

怒涛の11月を終え、間も無く12月を迎えます。

レース月間としていた訳ではないのですが、幕張、飯山、野辺山とイベントが続きました。

幕張。


飯山。
と、連戦。 機材はKUALIS CYCLESのチタンフレーム。ディスクブレーキ&シングルスピード仕様です。
オーダーしたフレームですから、あれこれと私がコメントするまでも無く
良く走り、曲がり、思い通りに扱うことができます。
機材を気にせず、走りに集中できるのが最大の特徴か。

タイヤはここまで、フロントにセミマッド、リアにオールラウンドを使うことが多く、
チューブラーかチューブレスかはその時の路面状況で細かく変更しています。





そして先日開催された、野辺山大会。今回で10回目を迎えます。
1回目から設営、運営を手伝っていた身としては、なんと無くホッとしたような。
今回はCANYON JAPANよりオファーがあり、メカニックサービス(と物販)を
担当することになりました。
基本、CANYONユーザーのみの対応だったのですが、他のブランドの方が訪れることが
多く、面倒を見ることに。
折角の野辺山の素晴らしいコース、レースを走れないで観戦しているのは悲しいですもんね。
頑張りました。今後は試走も含めたレースへの臨み方、というようなセミナーも必要でしょうね。

一番の山場はこちら。
ハンバー曲がり、Di2断線、
RDのプーリーページも曲がっていると、、、これは参った。

レース開始は90分後ということで、、、たまたま近くにいたA氏の協力を
仰ぎつつ。

で、できました。有効なのは6速くらいでしたが、レース後にお礼を言いに
寄っていただけたのが何よりでした。


...&BICYCLE