スキップしてメイン コンテンツに移動

展示会情報〜AKI&Bern〜

駆け足でいきます。

何と言ってもこちら。昨シーズンからBen Berden選手が使用していた
TRP Hylex とSW-R600の組み合わせ。
ブラケットフード内側のデザインはこのため。

私はシーズンオフから、ですが早速使用してみたいと思います。

続いてはニッチなところで。
 TRPの機械式ディスク(対向ピストン)のspyreシリーズのダストカバー。
 シビアなコンディション下であっても更に安定した制動性能が期待できますね。

スルーアクスル対応のカーボンフォークに

プレスフィットBBユーザの福音となるのでしょうか。
音鳴りを避ける事に注力したBB。
その仕組みはこれまでの製品よりも捩じれに対しては強そう。


 と、完成車をみていきますと、、、
 懐かしいカラーリングなのかこれからの流行なのか。
シングルスピードモデルのUNIT。


 うっかり撮り忘れてしまいましたが、CXのレース用途にはJAKE THE SNAKEを推します。

ツーリング派にはROVE STとALを。

MTB派にはEXPLOSIFを。
ホイールサイズ650B、サスペンションは何と!FOXを採用。
パープルとオレンジのフレームカラーも、すごく良かった。


と、次なる場所は何年ぶりかの代官山周辺へ。
スーパーオールドはYETIに歓迎されつつ。

新しく取引を始める事にした、ヘルメットのbern。
ロード、CX用途にオススメのモデルや

定番モデルも。

男性、女性専用モデルからキッズまで幅広いラインナップ。
とても楽しみです。

明日はFizik、カンパニョーロなどを紹介する、かも。


...&Bicycle

このブログの人気の投稿

NEW BIKE DAY 〜OPEN CYCLE Rapha Special編〜

本日はこちら。

"OPEN CYCLE"
のグラベルロード"U.P"。スルーアクスル、ディスクブレーキと今時の仕様。 車輪は700CX40Cや650BX2.1に対応とこの一台で舗装路、未舗装路、 乗り手のスキルにもよりますが、シングルトラックまで幅広く対応しています。
しかも。 Raphaのロゴ入り。








...&Bicycle

最近のお仕事〜KUALIS CYCLES編〜

今回はこちら。
KUALIS CYCLESのスチールディスク CXです。新車、ではなく再塗装したもの。
オーダーしていただいたのは2012年。

今回は、ただ再塗装したのではなく、フロントフォークをPARLEEに交換し
スルーアクスル&フラットマウントに。
 チェーンステー、シートステーを差し替え、こちらもスルーアクスル&フラットマウントへ。

 STIはDURA ACEの9170。油圧ディスク&Di2仕様へ。
 カスタムペイントに目を奪われますが、、、
 右上にチラリと見える、XTRのインジケーター。

便利なもので、iPhoneやiPadに専用のアプリをダウンロードし、、、
ブルートゥース経由でファームウェアのアップデートや
 操作を好みの内容に書き換えることができるようになっています。とても便利。
ちなみに、PARLEEのフォークに至っては、クラウンレースがフォーク側に 用意されているために不要。軽量化にも繋がっています。
組み付けるのが簡単になったように見えますが、
一手間、二手間かける必要があ理、まだまだ自転車屋のやる事は多いです。

今回のような作業やフレームの芯をチェックするのは5〜6年前後で
行うことが多いですね。そろそろ、とお考えの方はまずご相談を。

...&Bicycle

新着情報〜ALEXRIMS ホイール〜

長らく欠品していました、ALEXRIMSの完組車輪が入荷しました。

まずディスクブレーキ向けの定番CXD4。重量は前後で1,530g前後。
エアロスポークで捻れに対する強さにも配慮した組み方ですね。
そして12mmスルーアクスルにも対応する小物も標準装備、価格は¥46,000(税抜)。
しかも、チューブレスレディ。

ホイールのアップグレードを考えている方やレースでもう1ペアホイールが必要と
考えている方にも十分に使っていただけます。
私も使用して2シーズン目に入りますが、何かと重宝しています。

そしてもう一つ、ALX473 EVO。こちらはALX473をアップグレードしたモデル。
ハブフランジを大径化し、弱点であった捻れ剛性の低さを解消したもの。
重量は約1,450g。価格は¥47,000(税抜)とこちらもレースに使ってよし、
トレーニング向けに使うもよし。こちらもチューブレスレディ。

代理店がスモールパーツをきちんと揃えていることも、大事な点ですね。
どちらも少量の入荷です。

...&Bicycle