スキップしてメイン コンテンツに移動

27.5のススメ


今晩は。

フト、

「まずは好きな事を好きなようにやってみて、そこから学ぼう」と

閃いた私です。

突然ですがMTBのワールドカップ緒戦で、SCOTT所属のNinoSchurterが優勝しましたね。



…27.5(650B)で。

すわ、27.5の時代到来か?ちょっと待って。XCのワールドチャンピオンに
なるような選手なんです。そう、何に乗らせても速い。のは明らか。
少し冷静になって30秒ほど深呼吸。

私、アメリカのフレームIndependentFabricationに乗ってまして。
ダートドロップでSSでと…詳細はまた別に紹介しますが、
26だったホイールを27.5に履き替えてはや4年目。
最初は単純に、「面白そうだったから」
えぇ、そんなもんですよ動機ってもんは。

そして面白そうなものを使ってみて、実際に面白かったので使ってます。

さて簡単に使用感でも。

一言で説明すると、26と29のいいとこ取り。と言えます。
つまりは、26インチの軽快さと、29の走破性を兼ね備えている。
全てに当てはまるとは思いませんが、急峻な山々が多く、押し、担ぎ、
スイッチバックの多い日本のトレイルには、活かせる場面が多いと思います。
ただし、26よりもタイヤ径は大きくなるし重量も増えるので、違和感はあります。


ただし…機材面に目を向けると、まだまだ選択肢は少ないですね。
リムはVelocityがリム幅2種類用意していて、軽量タイプも用意しています。
私も使ってます。偉い!Velocity。
今年になって、Notubeがラインナップに載せたので、これも気になります。
使ってみたいと思います。

タイヤは、自分の知る限りでは下記の物が用意されています。
PacentiでFR、XC。KENDAのネベガルで2.1、2.3、SCHWALBEのRACING RALPHと
5種類(も?)出てます。
自分はPacentiとKENDAを使ってますが、どちらも良いですよ。
29のように、空気圧を下げて使えるし、フルリジッドでも十分
使えると思います。

え、Pacentiって何って?実はPanaracer製なんです。






日本でも売って!!!




と、寡黙な自分には珍しく長々と書いてみましたが、
26、27.5、29の中で一番おすすめ!はしません。やはりライダーの
乗り方、走る場所によって変化してくるので。決めるのはライダー自身ですから。
私なりの考え方や提案で、その人に相応しいものを乗って楽しんでいただけたら
嬉しいですね。

このブログの人気の投稿

新着情報2019.01.05

今回は
 PepCycles。フレーム&フォークはクロモリ、車輪は650Bと街乗りでの
扱いやすさにフォーカスしています。

永く乗る、永く使うのコンセプト通り、フレーム、フォークに配置されたダボ類、
パイプの内側には錆止め加工も施されており、乗り手の好み、使い方に
十分に応えてくれる一台です。
 シングルスピード、ギアードと対応したリアエンド。
 車輪はWTBのBywayに交換。
 ハンドルバーはドロップ仕様から、THOMSONのハンドルバー、ブレーキはSLXと
好みの仕様に交換済みです。
用途に合わせて様々な形に変えることができる。PepCyclesはオススメの1台です。


2019/01/06 13時〜17時の短縮営業です。

...&BICYCLE

新着情報

4月末といえば、当店の開店記念日があります。

順調に行けば(行けそうですが)、7周年。

ということで話題のRaphaCustomを利用してウェアを作ります。

3アイテムX2(Men's&Women's)の6アイテム。

まずはMen'sモデルから。
 Proteam Midweight Jersey.
 Proteam nosleeve Base Layer.
 Proteam Bibshorts.

Women'sも同様に3種。



いずれもボディはダークネイビー。カラーはミントグリーンとマスタードの
組み合わせです。
ロゴと共に、"LET'S FIND YOUR STYLE"のテキストが入ります。

テンプレートに用意されていた柄は使わず、昔のRaphaっぽく
カラーの組み合わせだけのシンプルな仕様です。

オーダーは下記のリンクから。各アイテム、ミニマム5着を満たした
場合のみ、オーダー確定です。納期は8週間を予定しています。
"7周年記念ウェア オーダーフォーム"

期間は4月7日(日)まで。

Ritchey OUTBACK

今回はこの1台。
Ritchey OUTBACK。
大陸(オーストラリアなどの)の砂漠地帯の奥地、と表すれば良いでしょうか。
グラベルロードに相応しいモデル名。

名品Ritchey WCSのクロモリチューブにカーボンフォークを組み合わせた
グラベルロードレーサーを組み上げました。

ディスク仕様、前後スルーアクスル 、フォークは下玉押し兼用のカーボンコラム仕様と
今時の、またはこれから主流となる仕様です。
重量は軽く、シートステーのベンド加工が路面の衝撃を吸収してくれそうな雰囲気ですね。

今回はカスタマーM氏によるオーダー。
 IndependentFabricationのロードレーサーにも乗っているのですが、
グラベルを含むコースを軽快に走りたいとの事。
コンポーネントは手持ちのものを使用し、足りないものはこちらで
ご用意させていただきました。

タイヤ幅は28Cを選択。未舗装路を快適に走るのは勿論のこと、舗装路でも
軽い走りをというのであれば、このサイズが良いでしょう。
 車輪は、困った時のALEXRIMS CXD4。
ダメージの大きかったFDとチェーンリングを交換。
チェーンリングはsalsaの45T。
グラベルに入るには50Tだと少し大きく、44や42では物足りなく。
グラベルロードやシクロクロスにオススメのサイズです。

組むだけでも走りの良さが想像できる1台。
ロードレーサーとは違った世界が開ける事でしょう。

10/21日(日)臨時休業日です。

...&BICYCLE