スキップしてメイン コンテンツに移動

総括

2017-18 CX シーズン開幕。

9月、茨城CXに参戦のC3太田原、CM1渡辺。
続くUCI&JCX 茨城CX 取手。
SPEEDVAGENチームのサポートをこなしつつ、
CM1渡辺、C3
初戦は崖の登坂のキツイコース、続いてロードクリテリウムかというスピードコース、
そして暑さに本領を発揮できぬまま、ほろ苦のシーズンイン。
 続く前橋CXでは、太田原は手堅く残留チケットを獲得。
CM1渡辺はここでも下位に沈む。さて、復調はいつ?

10月最終週。ステーションライド房総への出店。
JR東日本が自転車をそのまま積むことができるサイクルトレイン専用車両を準備。
来年より本運用が決まっており、今回はプレイベント?のようなものですが、
南房総市、館山市、バイシクルクラブも協力とかなり力の入ったイベント。

私も半年前の企画段階より参画していましたので、何気に力が入ってます。
 まぁ、最後は雨でしたが、、、


2017/11/3(金) 臨時休業日です。
サイクルモード、CXレース スターライト幕張のため。

...&Bicycle






このブログの人気の投稿

NEW BIKE DAY 〜OPEN CYCLE Rapha Special編〜

本日はこちら。

"OPEN CYCLE"
のグラベルロード"U.P"。スルーアクスル、ディスクブレーキと今時の仕様。 車輪は700CX40Cや650BX2.1に対応とこの一台で舗装路、未舗装路、 乗り手のスキルにもよりますが、シングルトラックまで幅広く対応しています。
しかも。 Raphaのロゴ入り。








...&Bicycle

新着情報"ALEXRIMS CXD4"

長らくお待たせしていました、CXD4が入荷しました。

クイックリリース式だけでなく、スルーアクスル式(フロント12mm、15mm、リア12mmX142)
に対応した小物も付属しています。
重量1530g前後、チューブレスレディ。スポークはpillar社のスポークを採用し
捻れに対して十分な剛性を確保しています。

価格は¥46,000(税別)


この1setを持っているとレースだけでなく、普段のライドにも幅広く使う事ができます。
私も使っていますが、用意したチューブラー車輪に装備したタイヤでは対応困難な
コンディションの場合、サッとタイヤ交換してレースに臨んだ事も数回。


今の時期を見送るも良いですが、次のシーズン前には大抵、欠品しています。
どうぞお早めに。

尚、3月いっぱいは店頭で現金払い4%OFFです。
店内在庫に限らず、取り寄せの場合にも適用できます。

...&BICYCLE

新着情報"Pep cycles"

今回はこの1台。 Pep cycles。
自分の乗り方、使い方に合わせて自由にカスタマイズのコンセプトで作られたもの。

スチールフレーム&フォークに車輪は650B、シングルスピードに
機械式ディスクブレーキを装備で¥92,000(税別)と割り切った仕様。

フレームはキャリア、フェンダー用のダボを用意。更に多段化と700Cの車輪を
装備可能となれば、ロングツーリング、通勤、シクロクロスレースで遊ぶといった
事も可能。選択肢はとても多くあります。
ヘッドチューブはテーパード仕様、今時のカーボンフォークをインストールしても良し。
フレームカラーはライトグレー、ターコイズ、イエローの3色から選択。
フレームサイズは3サイズから選択できます。

今回は2X11Sで仕上げた一台。車輪はボルト止めから無加工でクイックリリース化。



気になる方は是非、店頭にて。

...&BICYCLE