スキップしてメイン コンテンツに移動

関西シクロクロス くろんど池 レポート#2





つづく、からの続き。
(二度とやらないであろう、自分主観のだいぶ長い文章です)
雪は綿菓子、泥はチョコレート。
気持ちを切り替え、いざ準備。
折からの雨のため、試走、スクールで得た情報は一旦忘れる。
路面の状況を振り返り、スリップダウンしそうな箇所だけを
記憶に留めておく。
直感で機材、フロントはChallengeのLIMUSへ交換。
空気圧は前後共に1.8barへ変更。
RaphaのWinterEmbrocation、MadAlchemyのnon-warming embrocationを
ブレンドしたものを足、腕周り、腰とお腹に塗布。
WinterEmbrocationは沢山塗ってもその分暖かさが増すわけでもなく、
塗りすぎると後のシャワータイムで悲鳴をあげることになるので。
ブレンドさせるものはワセリンでも良いと思う。
間断なく降りかかる雨、下からの水しぶきを弾く事、
肌に膜のようなものを作ることで冷えを少しでも防ぎ、
濡れたジャージが肌に引っかかって体の動きを
妨げないようにする事が目的である。
コールがかかるまで、辻啓と共に車中で待機。
5分前のコールに、2人健闘を誓い車外へ飛び出す。
全身を覆う冷たい雨、呼吸の度に肺を満たす冷たい空気。
まずは時間差出走のC3がスタート。辻啓はホールショットを
取っただろうかと考えながら、1分後のスタートに備える。
とは言いつつも、スタート15秒前のコールまで防水能力は
完璧なRaphaのHardshell Jacketを着込んだまま。
いつからかシード制を引くようになったため、
今年、シリーズ初参加の私は最後尾からのスタート。
1周目は路面コンディション、ラインのチェックも兼ねて
慎重に入る。
水たまりに隠れた木の根や石でパンクやロスしていたら目も当てられない。
前走が一息つく瞬間を狙ってパス、を続けて周回を終える頃には順位は1桁へ。
しかし、走れば走るほどに濡れ、強風にさらされ続ける
身体からはみるみる体温が奪われていくのがわかる。
冷たいが痛いに代わり、やがて何も感じなくなる。
だからと言って、脚を緩めるわけにはいかない。
レースを降りるつもりは無いし、体を動かし続けないと本当にヤバい!
程なく3名のパックになったため先頭交代を促しつつ、
得意なセクションでは前に出させてもらう。
やがて2名になり、残念な事に先行を許し、背中を視界にとらえつつ
最終周回、そしてゴールへ。
MCがらぱさんから3位入賞を伝えられる。
終わってホッと一息。ゴールしていた辻啓と握手を交わすも、
二人とも満足に言葉が出せず、荒い呼吸に身体は震えるばかり。
翌日の予定だけを簡潔に伝えて表彰式へ向かう。
表彰後、車へ篭り、ヒーターを全開にして約20分、
ようやく震えが治まる。
非常に厳しいレースだったが、諦めずにプッシュできてよかった。
WinterEmbrocationのブレンドは非常に効果があり、これ無しでは
レースを諦める事も考えただろう。
悪天候の中、レースを最後まで開催していただいた
主催者の皆様、滞在中に色々とお世話になった皆様には
感謝しております。
気の早い話ですが、来シーズンも関西に遠征しますので、
どうかよろしくお願いします。
まぁ、珍しく長々と書くのは、関西シクロクロスワッペンを
いただけたのが嬉しかったからという事か。


参考までに今回の機材等々。
機材
フレーム:KUALIS Ti Disk
フォーク:ENVE Disk
ハンドル&ステム:sim works
ブレーキ:TRP Disc Hydro
クランクセット:SRAM CX1 38T
リアコグ:CHRIS KING 18T
ホイールセット:FR CHRIS KING & Velocity MAJOR TOM
タイヤ:F Challenge limus 1.8barR FMB SSC slarom 1.8bar

ウェア
スキンスーツ: VERGE SPORTS CUSTOM
ソックス:RAPHA PRO TEAM SOCKS
アンダー:RAPHA PRO TEAM BASE LAYER
グローブ:RAPHA DEEP WINTER GLOVE
ヘルメット:GIRO AEON
アイウェア:OAKLEY

シューズ:GIRO EMPIRE(インソール ウィンターシューズ用に交換)


...&Bicycle

このブログの人気の投稿

NEW BIKE DAY 〜OPEN CYCLE Rapha Special編〜

本日はこちら。

"OPEN CYCLE"
のグラベルロード"U.P"。スルーアクスル、ディスクブレーキと今時の仕様。 車輪は700CX40Cや650BX2.1に対応とこの一台で舗装路、未舗装路、 乗り手のスキルにもよりますが、シングルトラックまで幅広く対応しています。
しかも。 Raphaのロゴ入り。








...&Bicycle

新着情報2016.12.21

2016年、今年も残すところ10日。早いですねぇ。

12月は日中は暖かい日が続いていますが、年が明けて1,2月は 空気も更に乾燥し、一段と寒くなってきます。
そんな厳しい冬に最適な品々が入荷してきました。
まずはFEEDBACK SPORTSのOMNIUM。  大口径のローラーで静か、常に安定した走行感。フロント部分の脚も初期モデルより
強度を高め、ふらつくことが殆どありません。
 なんといっても付属のカバンに収めるとこの大きさ。
車のトランクに入れても邪魔になることはまず無いでしょう。
シクロクロスだけでなく、ロードレースのウォームアップに、
ご自宅でのトレーニングにも。

続いてはBARMITTS。
 防水、防風効果の高い、ネオプレーン製のハンドルカバーです。
見た目は野暮ったいように見えますが、ブラケット部分の操作は支障なく。 素手、はオススメしませんが、薄手のグローブでハンドル操作は確実、 真冬でも走行できるのは大変快適なものです。
続いてはGIROからシューズカバーの入荷。 少しずつではありますが、17年モデルが揃いつつあります。 こちらもネオプレーン製、防風、防水効果は大変高くなっています。  クリート、踵部分は広さも十分、つま先も破れにくいように補強が施され、
シクロクロスの試走に使うことで、シューズが汚れずに綺麗な状態で
レースに臨めますね。

そして最後になりますが、
45NRTHのウィンターシューズが入荷。
ソール付きのモデル、ロード向けのモデルと選ぶことができます。

私も使い始めて3年目に入りますが、とても重宝しています。
 足首部分はダブルフラップ、止水ジッパー付きのアッパーを採用し
冷気や水の侵入を防ぎいでくれます。
シューレースは微調整も簡単。脱ぎ履きに時間はかかりません。

 付属のインソール、表側は起毛素材、裏側はワッフル状で冷気が
伝わるのを長時間防ぎます。
アウトソールは磨耗に強く、濡れた場所でも確実に足を運べます。

別売りのインソールも構造は異なりますが、冷気が伝わるのを防ぐ構造になっており、
まずはこちらを試してみても良いでしょう。

先日の悪天候の野辺山でも終日使いましたが、足を濡らしたり冷やすことなく 快適に過ごすことができたのはこのシューズのお陰と言えます。
...&Bicycle

. . .&BicycleCC

シクロクロス2016-2017シーズンが25日より始まります。

...&BicycleCCの布陣は

CL1 赤松綾
C3   太田原契寿
C4   成田宗太郎
CM1渡辺誠一

の4名+大勢の?ファンの方達です。

レースのライバル関係や結果も大事ですが、それぞれシクロクロスを
通じてより一層、自転車と言うものを楽しんでもらえたら良いですね。

そんなに昔の事ではないですが、私が自転車を始めた頃やMTB、
シクロクロスのレースに出ていた頃と比較すると、走る環境や認知度は
とても良くなってきています。
これからも日に日に良くなるように関わっていきたいと思います。


どうぞよろしくお願いいたします。