スキップしてメイン コンテンツに移動

BIKEFIT

どうも。


昨日はブログのカウンタの伸びの凄さに、若干ビビってました。


、、、悪い事できないですね。(しないけど)


さて、今日は川崎までBIKEFIT(※)を受けに行ってきました。


今回、受講を思い立ったのは、これまでは良くも悪くもポジションの細かい数値に
拘りがなく、感覚で自分のポジションを作り上げてきました。

ただ、感覚だけではお客さまのポジションについて語る事は
できないですし、ポジションを見るための一つの基準(指標?)を
学ぶために、受講しました。


1ミリ単位の違い、正直に言うと私には解りません。
ここで、当店に訪れようとワクワクしている方の何%かは
思いとどまったかと思います、、、


インストラクターの指導のもと、講義と実技を受け、無事に修了証を
いただくことができました。

あくまでも修了証。ここからフィッティングを繰り返し、肉付け、削ぎ落していきます。
開業後はフィッティングの受講者を無料で何名か希望します。
内容を取りまとめておりますので、今しばらくお待ちください。
(※クリートウェッジ等の調整パーツについては、実費をいただきます。)
で、ちなみに受講結果ですが、サドルを5ミリ前進、クリートを両足とも
3ミリ後退。ステムは50ミリ、、、と勧められました。
元々ショートリーチハンドルに変更し、10ミリステムを縮めるつもりでしたが、
それでも25ミリ足りない。というか、自転車のバランスを考えて
それ以上は弄らないと思います。見た目が一番!



※BIKEFITとは、バイクフィットシステムズ社が考案したフィッティング理論です。
簡単に言えばポジション、クリートのセッティングの両面からアプローチし、
楽しくスポーツバイクに乗る事、苦痛や不快を取り除くための
正しいバイクフィッティングを行うものです。



このブログの人気の投稿

新着情報2019.01.05

今回は
 PepCycles。フレーム&フォークはクロモリ、車輪は650Bと街乗りでの
扱いやすさにフォーカスしています。

永く乗る、永く使うのコンセプト通り、フレーム、フォークに配置されたダボ類、
パイプの内側には錆止め加工も施されており、乗り手の好み、使い方に
十分に応えてくれる一台です。
 シングルスピード、ギアードと対応したリアエンド。
 車輪はWTBのBywayに交換。
 ハンドルバーはドロップ仕様から、THOMSONのハンドルバー、ブレーキはSLXと
好みの仕様に交換済みです。
用途に合わせて様々な形に変えることができる。PepCyclesはオススメの1台です。


2019/01/06 13時〜17時の短縮営業です。

...&BICYCLE

新着情報

4月末といえば、当店の開店記念日があります。

順調に行けば(行けそうですが)、7周年。

ということで話題のRaphaCustomを利用してウェアを作ります。

3アイテムX2(Men's&Women's)の6アイテム。

まずはMen'sモデルから。
 Proteam Midweight Jersey.
 Proteam nosleeve Base Layer.
 Proteam Bibshorts.

Women'sも同様に3種。



いずれもボディはダークネイビー。カラーはミントグリーンとマスタードの
組み合わせです。
ロゴと共に、"LET'S FIND YOUR STYLE"のテキストが入ります。

テンプレートに用意されていた柄は使わず、昔のRaphaっぽく
カラーの組み合わせだけのシンプルな仕様です。

オーダーは下記のリンクから。各アイテム、ミニマム5着を満たした
場合のみ、オーダー確定です。納期は8週間を予定しています。
"7周年記念ウェア オーダーフォーム"

期間は4月7日(日)まで。

新着情報KUALIS TI GRAVEL RACER.

今回はこちら。
KUALIS CYCLES。チタンフレームのグラベルレーサーです。
車輪はCHRIS KINGハブをオーダー中。ひとまずALXRIMS CXD4を採用。

今回のカスタマーは長くスチールフレーム、カンパニョーロの愛好家で
週末毎に泊まりを含めたロングライドに出る健脚。

輪行の機会も多く、フレームの傷を気にせず使いたいという事でチタンフレームを。
どのような天候でも確実な操作ができるディスクブレーキ&シマノコンポーネントを選択。
SRAMもカンパニョーロも良いですが、手堅い選択です。

今回からはヘッドチューブのアップデートが行われ、ヘッドパーツとのラインが
ほとんど段差のないデザインになっています。
 前後スルーアクスル、フラットマウント仕様。
 アナダイズドはブルーカラー、トップチューブにはロゴを配置。


コンポーネントはDURA ACEとULTEGRAのミックス。

 ハンドルは最近好評のRITCHEY。トップバーがバックスィープしていることと
バーエンドにかけてややフレアーになっているのが好感触。
その使い勝手のよさはロングライドだけでなく、シクロクロスやロードレースに
用いても良いでしょう。





早速、連休中にロングライドに出かけ、フレームの軽さとディスクブレーキの
性能を存分に味わっていました。

今回はオーダー開始からおよそ4.5ヶ月ほどでお渡しする事ができました。
塗装しない事で納期が短縮、重量も軽く仕上がります。

検討されている方は、ぜひチタンフレームも候補に入れる事をオススメします。

...&BICYCLE