スキップしてメイン コンテンツに移動

初めの一歩

…&Bicycleに珍しく納品の嵐。
surlyのフレームセットが何本か入荷してきました。

ようやく組み上がりましたので、少しずつ紹介していきます。

今回はコチラ。定番のcross-check。サイズは42cm。
小柄な女性が快適に乗れる事をイメージし、色々なパーツを用意しました。

ハンドル幅は狭く、かつリーチとドロップが小さい物を。
そして、変速の引きが軽いtiagraを採用。もちろん、2X10。

クランクは短く。チェーンリングは小さく。

鮮やかなカラー。華やかな感じで良いよい。
完成車の価格は2X9の18スピードで¥149,100-
今回のタイプ、2X10の20スピードで、、、詳細はお問い合わせください。


と、ここまで見ていくと。特に真新しい事はやっていないと思います。
乗り手の事を想像しつつ、必要なパーツを組み付けています。
”ウチでも出来るよ”という声が聞こえてきそう。でも、そこが重要。


このバイクを使って、シクロクロスを始めるのも良いです。
こんな笑顔になれるかな?

通勤に使うのもまた良いでしょう。


フェンダー、ラックを装備して、ツーリングに出かけるのも。




surlyはそんな色々な思いをガッツリと受け止め、かつ応えてくれる
バイクだと思います。

あっと驚くようなカスタムの相談を持ちかけてくれても。楽しみに待ってます。

そう、カスタムと言えば。フレームのペイントを行う事が可能になりました。
例えば今回ご紹介したsurly、カラーが気に入らない、、、なんて場合は好みのカラー、
ロゴを入れる事ができるようになります。
詳細についてはお問い合わせください。









今回は少し長めのエントリーになりました。
もし未だお時間があるならば、この先も読んでみてください。


surlyを何故始めたかというと、、、


自転車という乗り物を、”モノ”ではなく”道具”として作っているから。

すごい微妙な表現で、文字通り、”言葉で説明するのは難しい”。

定番モデルは小さいアップデートを繰り返しながら、ほぼ変わらずに作り続け。
かというと、ファットタイヤなど、”面白い事”を常に考えている。

そしてもう1つはフレームの素材に”鉄”を使っている事。
チタン、アルミも含め、”金属”という事でも良いかもしれません。
もちろん、カーボンという素材はアリかナシかと聞かれたら、
それはアリだと答えますけどね。
全ての物事には”絶対”という事は無いのと同じく。


…&Bicycle


このブログの人気の投稿

新着情報2019.01.05

今回は
 PepCycles。フレーム&フォークはクロモリ、車輪は650Bと街乗りでの
扱いやすさにフォーカスしています。

永く乗る、永く使うのコンセプト通り、フレーム、フォークに配置されたダボ類、
パイプの内側には錆止め加工も施されており、乗り手の好み、使い方に
十分に応えてくれる一台です。
 シングルスピード、ギアードと対応したリアエンド。
 車輪はWTBのBywayに交換。
 ハンドルバーはドロップ仕様から、THOMSONのハンドルバー、ブレーキはSLXと
好みの仕様に交換済みです。
用途に合わせて様々な形に変えることができる。PepCyclesはオススメの1台です。


2019/01/06 13時〜17時の短縮営業です。

...&BICYCLE

新着情報

4月末といえば、当店の開店記念日があります。

順調に行けば(行けそうですが)、7周年。

ということで話題のRaphaCustomを利用してウェアを作ります。

3アイテムX2(Men's&Women's)の6アイテム。

まずはMen'sモデルから。
 Proteam Midweight Jersey.
 Proteam nosleeve Base Layer.
 Proteam Bibshorts.

Women'sも同様に3種。



いずれもボディはダークネイビー。カラーはミントグリーンとマスタードの
組み合わせです。
ロゴと共に、"LET'S FIND YOUR STYLE"のテキストが入ります。

テンプレートに用意されていた柄は使わず、昔のRaphaっぽく
カラーの組み合わせだけのシンプルな仕様です。

オーダーは下記のリンクから。各アイテム、ミニマム5着を満たした
場合のみ、オーダー確定です。納期は8週間を予定しています。
"7周年記念ウェア オーダーフォーム"

期間は4月7日(日)まで。

Ritchey OUTBACK

今回はこの1台。
Ritchey OUTBACK。
大陸(オーストラリアなどの)の砂漠地帯の奥地、と表すれば良いでしょうか。
グラベルロードに相応しいモデル名。

名品Ritchey WCSのクロモリチューブにカーボンフォークを組み合わせた
グラベルロードレーサーを組み上げました。

ディスク仕様、前後スルーアクスル 、フォークは下玉押し兼用のカーボンコラム仕様と
今時の、またはこれから主流となる仕様です。
重量は軽く、シートステーのベンド加工が路面の衝撃を吸収してくれそうな雰囲気ですね。

今回はカスタマーM氏によるオーダー。
 IndependentFabricationのロードレーサーにも乗っているのですが、
グラベルを含むコースを軽快に走りたいとの事。
コンポーネントは手持ちのものを使用し、足りないものはこちらで
ご用意させていただきました。

タイヤ幅は28Cを選択。未舗装路を快適に走るのは勿論のこと、舗装路でも
軽い走りをというのであれば、このサイズが良いでしょう。
 車輪は、困った時のALEXRIMS CXD4。
ダメージの大きかったFDとチェーンリングを交換。
チェーンリングはsalsaの45T。
グラベルに入るには50Tだと少し大きく、44や42では物足りなく。
グラベルロードやシクロクロスにオススメのサイズです。

組むだけでも走りの良さが想像できる1台。
ロードレーサーとは違った世界が開ける事でしょう。

10/21日(日)臨時休業日です。

...&BICYCLE