スキップしてメイン コンテンツに移動

最近のお仕事〜シクロクロス〜

野辺山シクロクロス、残作業もありますが、無事に終わって何よりですね。
…&Bicycleのお客様も大勢参加し、非常に嬉しい限りです。

、、、が、恒例の?

RD(リアディレーラーね)破損にリアエンド曲げが多かったですね。
来年はブースを設置して、RDの販売しようかと計画してます。
早速、1台持ち込まれてきました。
エンド曲げ+RD破損。

今週末の秋が瀬バイクロアで走りたいとの事。
補修パーツは入荷待ちのため、出来る事を。
色々と祈る様な気持ちで作業します。
エンドを修正(といっても若干曲がったまま)&タップを切り直してと。

RDは試乗車に組み付けていたSRAMを一時、貸し出し。
何とか走行可能な状態に戻りました。
参考迄に、工賃¥800。高い?安い?


話を戻します。


このトラブルは、スプロケットやRDのプーリーに泥が詰まった状態で走行したり、
チェーンやRDが不整地で不規則に暴れる時に発生しやすいと思います。
シマノのスタビライザー付きのRDを使うという手もありますが、
まずは下記の点に注意。

・試走時に全コースを乗車して走らない
 特に、泥区間は避ける事。(清掃する余裕があれば、別)
 試走は自分がコースを走る事ができるか試すものではなく、
 本番でどのように走るか判断するためのもの。
 どのようなセクションが続き、どのラインを走り
 どのギアを選択するのかをイメージする事。
・機材の清掃
 試走でついた汚れを落として、レースに臨むようにする事。
 朝イチのレースだと時間がタイトですが、スケジュールとやるべき事が
 解っていれば大丈夫なはず。
 バイクだけでなく、ヘルメット、シューズ(見落としがちなクリート)、
 サングラス等も綺麗にしましょう。
 折角の晴れの舞台ですから。
・変速に要注意
 不整地を走ってチェーンが暴れている時に無理に変速しない事。
 機材が良くなったとはいえ、シフトレバーを操作し、
 シフトワイヤーを巻き取りRDが動いてチェーンがギア間を移動する
 "その瞬間"はほんの一瞬ペダルから力を抜いたほうが良いと思います。

そして一番の原因は
・ペダリングを強引に続けようとする
 RDの破損、エンド曲げを起こす時は、かなり大きな衝撃が発生します。
 その直前には"必ず"何かしらの違和感が伝わっています。
 (クランクが回りにくい、異音がするなどなど)
 前に進みたいけど、我慢する事も大事。

他、
・付いた泥は走りながら落とす
 付いた泥を落とすのも技術の1つ。
・フロント、リアのギアの選択
 チェーンラインを意識する事。

と、挙げたら幾らでも出て来てしまうので、
まずは上記に注意していただければと。

最近は機材が本当に良くなってきて(性能や品質など)、恵まれた状況にあります。
良い機材を使うにこした事は無いですが、機材任せに乗るのではなく、
使用する機材を理解し、使いこなす事が大事だと思います。

パーツが壊れる時は一瞬です。

レースが終わるのも一瞬です。

機材に負担が少なく。スムーズな走りを心がけ、その中で最大限に速い走りを。

自分の身体が持つ全ての感覚を研ぎすませ、走る事。
勿論、時には無理を承知で頑張る熱い気持ちと勇気を忘れずに。

…&Bicycle

このブログの人気の投稿

NEW BIKE DAY 〜OPEN CYCLE Rapha Special編〜

本日はこちら。

"OPEN CYCLE"
のグラベルロード"U.P"。スルーアクスル、ディスクブレーキと今時の仕様。 車輪は700CX40Cや650BX2.1に対応とこの一台で舗装路、未舗装路、 乗り手のスキルにもよりますが、シングルトラックまで幅広く対応しています。
しかも。 Raphaのロゴ入り。








...&Bicycle

新着情報2016.12.21

2016年、今年も残すところ10日。早いですねぇ。

12月は日中は暖かい日が続いていますが、年が明けて1,2月は 空気も更に乾燥し、一段と寒くなってきます。
そんな厳しい冬に最適な品々が入荷してきました。
まずはFEEDBACK SPORTSのOMNIUM。  大口径のローラーで静か、常に安定した走行感。フロント部分の脚も初期モデルより
強度を高め、ふらつくことが殆どありません。
 なんといっても付属のカバンに収めるとこの大きさ。
車のトランクに入れても邪魔になることはまず無いでしょう。
シクロクロスだけでなく、ロードレースのウォームアップに、
ご自宅でのトレーニングにも。

続いてはBARMITTS。
 防水、防風効果の高い、ネオプレーン製のハンドルカバーです。
見た目は野暮ったいように見えますが、ブラケット部分の操作は支障なく。 素手、はオススメしませんが、薄手のグローブでハンドル操作は確実、 真冬でも走行できるのは大変快適なものです。
続いてはGIROからシューズカバーの入荷。 少しずつではありますが、17年モデルが揃いつつあります。 こちらもネオプレーン製、防風、防水効果は大変高くなっています。  クリート、踵部分は広さも十分、つま先も破れにくいように補強が施され、
シクロクロスの試走に使うことで、シューズが汚れずに綺麗な状態で
レースに臨めますね。

そして最後になりますが、
45NRTHのウィンターシューズが入荷。
ソール付きのモデル、ロード向けのモデルと選ぶことができます。

私も使い始めて3年目に入りますが、とても重宝しています。
 足首部分はダブルフラップ、止水ジッパー付きのアッパーを採用し
冷気や水の侵入を防ぎいでくれます。
シューレースは微調整も簡単。脱ぎ履きに時間はかかりません。

 付属のインソール、表側は起毛素材、裏側はワッフル状で冷気が
伝わるのを長時間防ぎます。
アウトソールは磨耗に強く、濡れた場所でも確実に足を運べます。

別売りのインソールも構造は異なりますが、冷気が伝わるのを防ぐ構造になっており、
まずはこちらを試してみても良いでしょう。

先日の悪天候の野辺山でも終日使いましたが、足を濡らしたり冷やすことなく 快適に過ごすことができたのはこのシューズのお陰と言えます。
...&Bicycle

ROAD 1X11S

AABikesのプロトタイプに

QRINGSでなくても良かったのですが、50T。
11X32。

さて、実走はどんな感じになるでしょう。

ちなみに
MTBも30-11X42Tをセット。こちらも近々、トレイルで試します。

...&Bicycle