スキップしてメイン コンテンツに移動

OGUNI〜移動編〜

さて、今回は遠方への遠征となりましたが、
"移動方法"と"荷物"や"装備"が気になる方もいらっしゃると思います。

まずは

・移動方法
 飛行機。
 理由は単純明快、長距離の移動による疲労を最低限に抑える事。
 前日まで別の仕事で野辺山に滞在していた事もあり、ここは必須。

 幾つか調べたのですが、仲間の奨めもあってJetstar航空を利用しました。

 予約はwebから。
 利用にはアカウントを新規登録するも良いですし、登録しないでも
 可能です。どちらでも予約内容の変更や参照ができ、マイル付与も
 差は無いようです。

 何と言っても驚くのは価格。
 金曜日の午前発の成田〜大分間の片道チケットが¥2,900で取れたのです。
 今回はSALE扱いになっていたので、何かの条件を満たすと安くなるのでしょう。

 後は席の場所(最前列や非常口付近などの足下の広い席)、
 保険、預ける荷物の重量でアップチャージとなりますが、
 それでも¥5,000足らずで済みます。

 戻りは日曜日の夜間で少々割高になりましたが、それでも往復で¥20,000足らず。

 サービス面も、至って普通。
 カウンターでのチェックイン(事前にwebで済ます事も可能)も手荷物のチェックも
 他社と何ら変わりありません。
 ちなみに、Jetstar航空は第2ターミナルです。

 搭乗ですが、機体の待つ場所までバスで移動します。
 その間、約10分。遠いといえばそれまでですが、特殊車両や機体を間近に見ながら
 移動するので、それほど時間は気にならないです。


 機体はエアバスA320。180人の乗客、クルー6名?を乗せて約100分のフライトです。
 機内での飲食のサービスは有料。
 私は席をアップグレードしたので、¥500円分の飲食を無料で頂く事に。
 今回はコーヒーとケーキのセットを。


 ちなみに、"ゆかり"さんと"さちえ"さんが綺麗でした。蛇足。


 荷物編はまた次回に。


...&Bicycle

 

このブログの人気の投稿

NEW BIKE DAY 〜OPEN CYCLE Rapha Special編〜

本日はこちら。

"OPEN CYCLE"
のグラベルロード"U.P"。スルーアクスル、ディスクブレーキと今時の仕様。 車輪は700CX40Cや650BX2.1に対応とこの一台で舗装路、未舗装路、 乗り手のスキルにもよりますが、シングルトラックまで幅広く対応しています。
しかも。 Raphaのロゴ入り。








...&Bicycle

新着情報〜ALEXRIMS ホイール〜

長らく欠品していました、ALEXRIMSの完組車輪が入荷しました。

まずディスクブレーキ向けの定番CXD4。重量は前後で1,530g前後。
エアロスポークで捻れに対する強さにも配慮した組み方ですね。
そして12mmスルーアクスルにも対応する小物も標準装備、価格は¥46,000(税抜)。
しかも、チューブレスレディ。

ホイールのアップグレードを考えている方やレースでもう1ペアホイールが必要と
考えている方にも十分に使っていただけます。
私も使用して2シーズン目に入りますが、何かと重宝しています。

そしてもう一つ、ALX473 EVO。こちらはALX473をアップグレードしたモデル。
ハブフランジを大径化し、弱点であった捻れ剛性の低さを解消したもの。
重量は約1,450g。価格は¥47,000(税抜)とこちらもレースに使ってよし、
トレーニング向けに使うもよし。こちらもチューブレスレディ。

代理店がスモールパーツをきちんと揃えていることも、大事な点ですね。
どちらも少量の入荷です。

...&Bicycle

最近のお仕事〜KUALIS CYCLES編〜

今回はこちら。
KUALIS CYCLESのスチールディスク CXです。新車、ではなく再塗装したもの。
オーダーしていただいたのは2012年。

今回は、ただ再塗装したのではなく、フロントフォークをPARLEEに交換し
スルーアクスル&フラットマウントに。
 チェーンステー、シートステーを差し替え、こちらもスルーアクスル&フラットマウントへ。

 STIはDURA ACEの9170。油圧ディスク&Di2仕様へ。
 カスタムペイントに目を奪われますが、、、
 右上にチラリと見える、XTRのインジケーター。

便利なもので、iPhoneやiPadに専用のアプリをダウンロードし、、、
ブルートゥース経由でファームウェアのアップデートや
 操作を好みの内容に書き換えることができるようになっています。とても便利。
ちなみに、PARLEEのフォークに至っては、クラウンレースがフォーク側に 用意されているために不要。軽量化にも繋がっています。
組み付けるのが簡単になったように見えますが、
一手間、二手間かける必要があ理、まだまだ自転車屋のやる事は多いです。

今回のような作業やフレームの芯をチェックするのは5〜6年前後で
行うことが多いですね。そろそろ、とお考えの方はまずご相談を。

...&Bicycle