スキップしてメイン コンテンツに移動

Spinlister

今年に入り、海外からの客人の来店が続く...&Bicycle

遡ること7/12。

1通のメールが届く。
Spinlister に予約が入ったから確認してね、とのお知らせ。

Spinlisterは個人間で自転車(サーフボード、スキー、スノーボードなど)の貸し借りを
行うサービスといったところか。

アカウントを作成、自転車を登録したのはもう1年も前の話。すっかり忘れていました。
スマホのアプリ、PC版も用意されていますが、後者は何箇所かBugがある様子。


ということで、スマホのアプリに入っているメールの内容を確認。
オーストラリアから東京を1週間、京都を2週間、夫婦で旅行するので、
東京滞在の際に借りたいという内容。

体格や普段どういった走りをしているか確認し、準備する自転車の仕様を
改めてお知らせ。
双方の同意となり、契約成立。どうやら相手も初体験の様子。

と、ここまでのやり取りはSpinlisterの個人のダッシュボード内での
メッセージのやり取りのみ。
英語の不得手な私でも、落ち着いて文章を書いて対応できたのはこれ幸い。
借り手、貸し手がステータスを更新していきます。
Listed=>Reserved=>Rented=>Drop=>Receivedなどなど。

無事に来日&ご来店、微調整を済ませていざ出発。
今回はヘルメット、ロック、ライトもお渡し。

貸し出し期間中の終盤2日は雨模様のため、予定より1日早く返却。
それでもSTRAVAのログを見ると彼方此方走り回ったようです。
自転車も気に入ったようで、帰国前にもう一度借りたいとも。

そしてReviewsとRateがついて終了。
費用の支払い、受け取りはPAYPALまたはクレジットカード情報を
事前にSpinlisterに登録しておき、返却後、支払い処理が行われます。

当然、1日早く返却した分が借り手に戻るようにできています。

個人の認証はFacebook、Twitter、STRAVAなどのSNS。
日本での盗難、破損により借り手の返却が困難な場合は
最大で$10,000まで保証しています。
どの程度の内容で満額になるのかは不明ですが、使わなくなった自転車(ボード類)を
役に立てる良い機会だと思います。

ただ、世界を見回しても貸し出し登録を行っているのは僅か。
何方も貸し出し料金が高い。洩れなくハイスペックのカーボンフレーム
である事が多いです。料金設定に悩むところです。

自身の自転車を持ってくるのが一番良いのですが、国内、海外問わず
気軽にある程度、質の良い自転車を借りる事ができるのは良いのだろうなと思います。





...&Bicycle

このブログの人気の投稿

NEW BIKE DAY 〜OPEN CYCLE Rapha Special編〜

本日はこちら。

"OPEN CYCLE"
のグラベルロード"U.P"。スルーアクスル、ディスクブレーキと今時の仕様。 車輪は700CX40Cや650BX2.1に対応とこの一台で舗装路、未舗装路、 乗り手のスキルにもよりますが、シングルトラックまで幅広く対応しています。
しかも。 Raphaのロゴ入り。








...&Bicycle

最近のお仕事〜KUALIS CYCLES編〜

今回はこちら。
KUALIS CYCLESのスチールディスク CXです。新車、ではなく再塗装したもの。
オーダーしていただいたのは2012年。

今回は、ただ再塗装したのではなく、フロントフォークをPARLEEに交換し
スルーアクスル&フラットマウントに。
 チェーンステー、シートステーを差し替え、こちらもスルーアクスル&フラットマウントへ。

 STIはDURA ACEの9170。油圧ディスク&Di2仕様へ。
 カスタムペイントに目を奪われますが、、、
 右上にチラリと見える、XTRのインジケーター。

便利なもので、iPhoneやiPadに専用のアプリをダウンロードし、、、
ブルートゥース経由でファームウェアのアップデートや
 操作を好みの内容に書き換えることができるようになっています。とても便利。
ちなみに、PARLEEのフォークに至っては、クラウンレースがフォーク側に 用意されているために不要。軽量化にも繋がっています。
組み付けるのが簡単になったように見えますが、
一手間、二手間かける必要があ理、まだまだ自転車屋のやる事は多いです。

今回のような作業やフレームの芯をチェックするのは5〜6年前後で
行うことが多いですね。そろそろ、とお考えの方はまずご相談を。

...&Bicycle

新着情報〜ALEXRIMS ホイール〜

長らく欠品していました、ALEXRIMSの完組車輪が入荷しました。

まずディスクブレーキ向けの定番CXD4。重量は前後で1,530g前後。
エアロスポークで捻れに対する強さにも配慮した組み方ですね。
そして12mmスルーアクスルにも対応する小物も標準装備、価格は¥46,000(税抜)。
しかも、チューブレスレディ。

ホイールのアップグレードを考えている方やレースでもう1ペアホイールが必要と
考えている方にも十分に使っていただけます。
私も使用して2シーズン目に入りますが、何かと重宝しています。

そしてもう一つ、ALX473 EVO。こちらはALX473をアップグレードしたモデル。
ハブフランジを大径化し、弱点であった捻れ剛性の低さを解消したもの。
重量は約1,450g。価格は¥47,000(税抜)とこちらもレースに使ってよし、
トレーニング向けに使うもよし。こちらもチューブレスレディ。

代理店がスモールパーツをきちんと揃えていることも、大事な点ですね。
どちらも少量の入荷です。

...&Bicycle