スキップしてメイン コンテンツに移動

CX2017開幕

ついに開幕!のシクロクロス。

...&BicycleCCからはC3に太田原、マスタークラスに私が出走。
太田原はそつない走りで確実に完走、私は展開に恵まれた事もありますが、
優勝で無事に終えることができました。
その内容はご来店いただいた際にでも。

茨城CXは運営も大変良く、コースのレベルが大変高いと思います。
高い、と言っても難しいのではなく、バランスが良く偏りの無い
コース設定ということ。監修の方のセンスの良さが垣間見えます。
今シーズンから5戦開催ということで、都内からも2時間足らずの場所。
ブースエリアも地元の食材を提供していたりと、とてもオススメです。
 賞品も実用的!

さて、今回使った機材で良かったものを挙げていきましょう。
今回はタイヤの選択が大正解。ChallengeのBabyLimus。センターノブが低く、舗装路や
締まった路面で軽く走ることができます。更に、食いつきの良いサイドノブが
安定したコーナリングを確保します。
マスタークラスは最初のレースということもあり、キャンバーやグラウンドエリアが
ぬかるんでおり、落車や対応に苦労する方が続出。
このタイヤ、キャンパーで滑りおちる事なく、グラウンドエリアでも狙った
ラインを走る事が出来ました。

オールコンディション向けのタイヤはGRIFOパターンが定番ですが、
よりコーナリング時の安心感を求める方にはこちらのモデルを
オールコンディション向けに用いても良いでしょう。

ちなみにリアはFMBのSSC スラローム。しなやかな感じと粘るようなグリップを
好んで使っています。

そして、ミノウラの簡易スタンド。
 簡易とは言いつつもレース会場での整備、洗車に十分な仕様。
6,852円(税別)の価格も合わせ、大変オススメの一品です。

もう一つは今シーズンから導入したカーボンリム。軽さと強さを両立しており
最終回まで足を残す事が出来たのはこのリムのお陰。
チューブラー、クリンチャーどちらも。ディスク、リムブレーキ仕様とご用意
出来ますので、お早めにご相談ください。


今回のように、悪コンデションのレース下でもサドルの裏やフレームへの
泥の付着がほぼ無しと。
 こういったノウハウを得る事が出来たのも、地道にレース参戦を続けているお陰かと。

次回は10月10日茨城CX 小貝川ステージに続きます。

...&Bicycle


このブログの人気の投稿

NEW BIKE DAY 〜OPEN CYCLE Rapha Special編〜

本日はこちら。

"OPEN CYCLE"
のグラベルロード"U.P"。スルーアクスル、ディスクブレーキと今時の仕様。 車輪は700CX40Cや650BX2.1に対応とこの一台で舗装路、未舗装路、 乗り手のスキルにもよりますが、シングルトラックまで幅広く対応しています。
しかも。 Raphaのロゴ入り。








...&Bicycle

新着情報2016.12.21

2016年、今年も残すところ10日。早いですねぇ。

12月は日中は暖かい日が続いていますが、年が明けて1,2月は 空気も更に乾燥し、一段と寒くなってきます。
そんな厳しい冬に最適な品々が入荷してきました。
まずはFEEDBACK SPORTSのOMNIUM。  大口径のローラーで静か、常に安定した走行感。フロント部分の脚も初期モデルより
強度を高め、ふらつくことが殆どありません。
 なんといっても付属のカバンに収めるとこの大きさ。
車のトランクに入れても邪魔になることはまず無いでしょう。
シクロクロスだけでなく、ロードレースのウォームアップに、
ご自宅でのトレーニングにも。

続いてはBARMITTS。
 防水、防風効果の高い、ネオプレーン製のハンドルカバーです。
見た目は野暮ったいように見えますが、ブラケット部分の操作は支障なく。 素手、はオススメしませんが、薄手のグローブでハンドル操作は確実、 真冬でも走行できるのは大変快適なものです。
続いてはGIROからシューズカバーの入荷。 少しずつではありますが、17年モデルが揃いつつあります。 こちらもネオプレーン製、防風、防水効果は大変高くなっています。  クリート、踵部分は広さも十分、つま先も破れにくいように補強が施され、
シクロクロスの試走に使うことで、シューズが汚れずに綺麗な状態で
レースに臨めますね。

そして最後になりますが、
45NRTHのウィンターシューズが入荷。
ソール付きのモデル、ロード向けのモデルと選ぶことができます。

私も使い始めて3年目に入りますが、とても重宝しています。
 足首部分はダブルフラップ、止水ジッパー付きのアッパーを採用し
冷気や水の侵入を防ぎいでくれます。
シューレースは微調整も簡単。脱ぎ履きに時間はかかりません。

 付属のインソール、表側は起毛素材、裏側はワッフル状で冷気が
伝わるのを長時間防ぎます。
アウトソールは磨耗に強く、濡れた場所でも確実に足を運べます。

別売りのインソールも構造は異なりますが、冷気が伝わるのを防ぐ構造になっており、
まずはこちらを試してみても良いでしょう。

先日の悪天候の野辺山でも終日使いましたが、足を濡らしたり冷やすことなく 快適に過ごすことができたのはこのシューズのお陰と言えます。
...&Bicycle

. . .&BicycleCC

シクロクロス2016-2017シーズンが25日より始まります。

...&BicycleCCの布陣は

CL1 赤松綾
C3   太田原契寿
C4   成田宗太郎
CM1渡辺誠一

の4名+大勢の?ファンの方達です。

レースのライバル関係や結果も大事ですが、それぞれシクロクロスを
通じてより一層、自転車と言うものを楽しんでもらえたら良いですね。

そんなに昔の事ではないですが、私が自転車を始めた頃やMTB、
シクロクロスのレースに出ていた頃と比較すると、走る環境や認知度は
とても良くなってきています。
これからも日に日に良くなるように関わっていきたいと思います。


どうぞよろしくお願いいたします。