スキップしてメイン コンテンツに移動

新着情報

年末です。

お付き合いをしている代理店の中では、この時期に特価品がでる事があります。
という事で、お得に購入いただける品々を紹介します。

まずはPANARACER REGA CROSS
 後継モデルが発表されましたが、この使い勝手の良いモデル。
ドライ、サンド、芝だけでなく、ややぬかるんだ路面にも幅広く対応できます。
連続したセンターノブは走りが軽く、サイドノブはコーナーやキャンパーでの
引っ掛かりがよく、バイクコントロールのストレスが少なくなります。
重量が360gと、400gを切っているのが嬉しい点。その恩恵は担ぎや登りだけでなく
しなやかなつかい心地でチューブラーに近い感触とも言えます。

続いては、CATEYEから2種。
 VOLT400の限定モデル。400ルーメンという明るさは暗い夜道でも
路面を明るく照らし、走行時のストレスから解放されます。
定価なんと¥9,350と中々のお値段ですが、こちらは50%OFF、半額です。

続いてVOLT200。こちらも限定カラー。市街地を走るのであれば、これでも十分です。
その明るさは対向車などの被視認性も抜群に良いです。

最後に、TRPのSPYRE。
 完成車に付いていたものです。ブレーキを交換したため不要になり保管していました。
対向ピストンは油圧式ブレーキと同様のメカニズムで、レバーのタッチも良く
制動力も片押しピストンとは比べるまでもありません。
ポストマウント、機械式ディスクブレーキの定番ですね。
こちら、セットで半額となっています。

そのほか、チャレンジのチューブラータイヤがセットで半額、クリスキングのハブセットなども
だいぶお得になっています。

年末セール、期限は29日まで。
ショッピングサイトからもご購入いただけます。
"...&BICYCLE webshop"

尚、年末の営業は、、、
29日まで通常営業。

30,31日は13時〜18時まで営業します。
掃除、片付けをしながらノンビリやっていますので、是非お立ち寄りください。

...&BICYCLE

このブログの人気の投稿

新着情報

Fizik R1 Bib、好調です。価格は当然ですが、使っている素材(ボディ、パッド)が とても良いのが大きな理由でしょう。 店頭在庫、代理店の在庫共に少なくなってきました。 webstoreでSOLD OUTになっているモデル、非掲載のモデルでも代理店に在庫が残っている場合が ありますので、その際は諦めずにお問い合わせください。 R1 bib、購入か下記のリンクから。 "Fizik R1 Link Bib shorts" また、R1があるならR3も、という事で。 R3 Link Bib shortsも入荷しています。違いはボディ、パッドの素材。 かと言って、廉価版ということではなく問題なく使っていただけます。 R1はコンプレッションがきつくて、、、ショルダー部分が赤くて、、、 という方にもオススメですね。 私のオススメは、R1もR3もパープルカラーのパッドを採用したSNAKE。 ライド、トレーナー共に試していますが、パッド量は薄くなく十分な量。 レース向けに、とのメーカーの案内はありますが、トレーニングやロングライドに 用いても全く問題ないでしょう。 こちらは約60%OFFの9,000円台、R1、R3共に破格ですね。 R3 Bib、購入は下記のリンクから。 "Fizik R3 Link Bib shorts" こちらもwebstoreでSOLD OUTになっているモデル、非掲載のモデルでも代理店に在庫が残っている場合が ありますので、その際は諦めずにお問い合わせください。 お早めにどうぞ〜。 2/2 15時頃〜営業を予定しております。 ...&BICYCLE

新着情報2019.01.05

今回は  PepCycles。フレーム&フォークはクロモリ、車輪は650Bと街乗りでの 扱いやすさにフォーカスしています。 永く乗る、永く使うのコンセプト通り、フレーム、フォークに配置されたダボ類、 パイプの内側には錆止め加工も施されており、乗り手の好み、使い方に 十分に応えてくれる一台です。  シングルスピード、ギアードと対応したリアエンド。  車輪はWTBのBywayに交換。  ハンドルバーはドロップ仕様から、THOMSONのハンドルバー、ブレーキはSLXと 好みの仕様に交換済みです。 用途に合わせて様々な形に変えることができる。PepCyclesはオススメの1台です。 2019/01/06 13時〜17時の短縮営業です。 ...&BICYCLE

新着情報

新型肺炎の影響により、期せずして終了したシクロクロス19-20シーズン。 年が明けてからの後半戦に目を向けてみると、、、 シクロクロス千葉 Photo T.Saitoh Photo K.Watanabe 東北シクロクロス JCX蔵王 ここでフロントフォークをENVE QR式からOne by ESU スルーアクスル式に変更。 効果は抜群。ENVEではなくても良いくらいに感じます。 十分なタイヤクリアランス、フォークレッグからコラムにかけての剛性、 そしてスルーアクスルによる、捻れに対する強さは特にドロップオフに その効果を感じることが多くあります。 その後は湘南(開成)、茨城(城里)、そしてまた湘南(中井)と巡り、 信州(萌木の村)今シーズンで会場となるのが最後、ということで急遽走ってきました。 会場の雰囲気、標高やら寒さ、参加者の質含め、一度は信州を走っていただきたいものです。 来シーズンは信州シクロクロス飯山会場が全日本の地に選ばれたようです。 私も年代別で走ってみようかしら。 タイヤはチューブレスで走ることが多かったですが、常々感じるのは、 やはりチューブラータイヤの方がいいなぁということ。 と、なんとか今シーズンもCM1に残留しました。 会場での暖かい声援、ありがとうございます。 来シーズンは遠方や走ったことの無い会場を訪れてみたいと考えています。 (つまりは、そういうことです) 千葉を含めて関東地方は特にこの半年は、台風や長雨による被害が大きく、  地元でも通行止となる道路が多くみられました。レースも中止が続き、どうなることかと。 まだ半年ですが、 このように開通する道路も増えてきました。これからどんどん、良くなっていくことでしょう。 ということでレースは半年後に置いておいて、週末毎のライドを再開します。 参加希望の方はご連絡お待ちしてます。 3/8,15,20,21 中房総方面 50kmほどの田舎道ライド 3/11,29 南房総方面 80kmほどの林道を含むライド その他、近隣の商業施設周辺を周回するMorningLapsを週2,3回、開催しています。 ...&BICYCLE