スキップしてメイン コンテンツに移動

OGUNI〜装備編〜

さて、続いては装備。

といっても何かスペシャルな装備はありません。
強いて言えば、使い慣れたもの。

ペダル、シューズは当然ロード用を選択。
ミニツール、チェーンカッター、ニップル回し、チューブにタイヤレバー。
この他にミッシングリンクを用意。


zefalのフレームポンプは今回大活躍。後半のオージーのトラブルにも
しっかり対処できました。
ロール式のツールバッグ。今回はオリジナルのサイクルキャップでもおなじみ、
chunadon cycle chaps作のものをテストしましたが、激しいライドにも十分に
耐えてくれましたね。
ちなみに同じロール式の当店扱いのTOOL ROLLも少しだけ在庫がありますので、
旧価格で入手できる今のうちが吉です。

バイクはこちら。
大分身体に馴染んできた、KUALIS CYCLESのTi。

ジオメトリーでどこそこが何度だとかフレームが何グラムだとか、
数字では表す事のできない部分で応えてくれる。
140km、3,100upというコースを最後迄余裕を持って走る事ができたのは、
このバイクのお陰である事は言う迄もないです。
乗り手の技量、脚などの身の丈に合わせて柔軟に、
かつ細かく対応できるという点ではオーダーという分野が
もっと注目されても良いと思います。

ウェアはこちら。
Pro team jersey
Thermal bib shorts
Gillet
Sleevless merino base layer
Merino wool socks
Merino arm warmer
Merino knee warmer
Lightweight cap
Crochet glove
Silk scarf
と、全てRaphaにて。

ウェアのチョイスではGilletかwind jacketと悩んだのですが、
前日迄の天気、当日の空気の雰囲気から快晴になり気温が上がると推測。

warmer、gilletを採用したのは、下りで身体を冷やさないようにするため。
merino warmerはヒルクライムでオーバーヒートせず、ダウンヒルで筋肉を冷やす事無く。
gilletは豊かなストレッチ量で身体の動きを妨げず、バックポケット付きということで
収納力upにも。

特にお奨めしたいのは、Thermal bib shorts。
裏起毛の記事を使用したショート丈のショーツで
春、秋の少し寒い時期に筋肉や下腹部を冷やさないで済む
最強のウェアだと思います。


...&Bicycle

このブログの人気の投稿

NEW BIKE DAY 〜OPEN CYCLE Rapha Special編〜

本日はこちら。

"OPEN CYCLE"
のグラベルロード"U.P"。スルーアクスル、ディスクブレーキと今時の仕様。 車輪は700CX40Cや650BX2.1に対応とこの一台で舗装路、未舗装路、 乗り手のスキルにもよりますが、シングルトラックまで幅広く対応しています。
しかも。 Raphaのロゴ入り。








...&Bicycle

最近のお仕事〜KUALIS CYCLES編〜

今回はこちら。
KUALIS CYCLESのスチールディスク CXです。新車、ではなく再塗装したもの。
オーダーしていただいたのは2012年。

今回は、ただ再塗装したのではなく、フロントフォークをPARLEEに交換し
スルーアクスル&フラットマウントに。
 チェーンステー、シートステーを差し替え、こちらもスルーアクスル&フラットマウントへ。

 STIはDURA ACEの9170。油圧ディスク&Di2仕様へ。
 カスタムペイントに目を奪われますが、、、
 右上にチラリと見える、XTRのインジケーター。

便利なもので、iPhoneやiPadに専用のアプリをダウンロードし、、、
ブルートゥース経由でファームウェアのアップデートや
 操作を好みの内容に書き換えることができるようになっています。とても便利。
ちなみに、PARLEEのフォークに至っては、クラウンレースがフォーク側に 用意されているために不要。軽量化にも繋がっています。
組み付けるのが簡単になったように見えますが、
一手間、二手間かける必要があ理、まだまだ自転車屋のやる事は多いです。

今回のような作業やフレームの芯をチェックするのは5〜6年前後で
行うことが多いですね。そろそろ、とお考えの方はまずご相談を。

...&Bicycle

新着情報〜ALEXRIMS ホイール〜

長らく欠品していました、ALEXRIMSの完組車輪が入荷しました。

まずディスクブレーキ向けの定番CXD4。重量は前後で1,530g前後。
エアロスポークで捻れに対する強さにも配慮した組み方ですね。
そして12mmスルーアクスルにも対応する小物も標準装備、価格は¥46,000(税抜)。
しかも、チューブレスレディ。

ホイールのアップグレードを考えている方やレースでもう1ペアホイールが必要と
考えている方にも十分に使っていただけます。
私も使用して2シーズン目に入りますが、何かと重宝しています。

そしてもう一つ、ALX473 EVO。こちらはALX473をアップグレードしたモデル。
ハブフランジを大径化し、弱点であった捻れ剛性の低さを解消したもの。
重量は約1,450g。価格は¥47,000(税抜)とこちらもレースに使ってよし、
トレーニング向けに使うもよし。こちらもチューブレスレディ。

代理店がスモールパーツをきちんと揃えていることも、大事な点ですね。
どちらも少量の入荷です。

...&Bicycle