スキップしてメイン コンテンツに移動

茨城CX 第3戦 使用機材のお浚い。

昨日の茨城CX。

使用機材について改めて目を向けて見ましょう。

フレームはKUALIS CYCLESのチタンにENVEのディスクフォークを合わせた
シングルスピード(38T X 18T)仕様。
                                                    (Photo by 小寺さん)

これにカーボンバー、リムはオリジナルのカーボン(ご相談お待ちしております)
を使用。ハブはクリスキングの手組みです。
強さと軽さを両立しており、壊さない限りはパーツ類の変更はないでしょう。

少々寒かったために素手ではなくグローブはGIROのDNDを使用。
手のひら側にパッドが無く、ハンドルバーをしっかりと握り込めることや
 ベルクロの無いシンプルな構造がとても良いです。

ヘルメットはGIRO SYNTHE。シューズも同様にGIRO EMPIRE VR90ですが、
階段区間で走る割合が多かったため、スパイクを外してレースに臨みました。
スパイクが邪魔をして歩行に支障が出ますし、ぬかるんだ路面を登るわけでなければ、
不要ですね。

ペダルはCrankbrothersのegg beater。クリートは標準のものから
遊びの少ない、0度クリートに変更。
 本来はシューズの底の傷防止、土の侵入防止のシールドプレートですが、
ステップインの固定した感触が"カチッ"と明確に分かることとペダリングの
感触が良いために使用しています。

ケミカルは初使用のワコーズのエクストリームチェーンルブ。
 あの三船雅彦さんがブルベなどでテストしていたもの。
耐久性が向上し、ライド中の注油がほとんどなく、ゴミも拾いにくいとのこと。
 埃の舞うコンディションでしたが、チェーンはこの通り綺麗なまま。
泥にも強いようです。

タイヤは試走時に前後FMBのSSC Slaromでしたが、レース時は前にChallengeの
BABY LIMUSを使用。前はクリンチャー、後ろはチューブラーですね。
 BABY LIMUSのサイドノブがキャンバー区間でも滑る事なく、
安心して下ることができました。
 舗装路、硬い路面の割合が多かったため、前後CHICANEでも
良かったかもしれません。
茨城cxの最終戦がドライの場合、試して見たい組み合わせです。

ご紹介のパーツ類、当店にてお求めいただけます。
まずはご相談を。

...&Bicycle



このブログの人気の投稿

NEW BIKE DAY 〜OPEN CYCLE Rapha Special編〜

本日はこちら。

"OPEN CYCLE"
のグラベルロード"U.P"。スルーアクスル、ディスクブレーキと今時の仕様。 車輪は700CX40Cや650BX2.1に対応とこの一台で舗装路、未舗装路、 乗り手のスキルにもよりますが、シングルトラックまで幅広く対応しています。
しかも。 Raphaのロゴ入り。








...&Bicycle

最近のお仕事〜KUALIS CYCLES編〜

今回はこちら。
KUALIS CYCLESのスチールディスク CXです。新車、ではなく再塗装したもの。
オーダーしていただいたのは2012年。

今回は、ただ再塗装したのではなく、フロントフォークをPARLEEに交換し
スルーアクスル&フラットマウントに。
 チェーンステー、シートステーを差し替え、こちらもスルーアクスル&フラットマウントへ。

 STIはDURA ACEの9170。油圧ディスク&Di2仕様へ。
 カスタムペイントに目を奪われますが、、、
 右上にチラリと見える、XTRのインジケーター。

便利なもので、iPhoneやiPadに専用のアプリをダウンロードし、、、
ブルートゥース経由でファームウェアのアップデートや
 操作を好みの内容に書き換えることができるようになっています。とても便利。
ちなみに、PARLEEのフォークに至っては、クラウンレースがフォーク側に 用意されているために不要。軽量化にも繋がっています。
組み付けるのが簡単になったように見えますが、
一手間、二手間かける必要があ理、まだまだ自転車屋のやる事は多いです。

今回のような作業やフレームの芯をチェックするのは5〜6年前後で
行うことが多いですね。そろそろ、とお考えの方はまずご相談を。

...&Bicycle

新着情報〜ALEXRIMS ホイール〜

長らく欠品していました、ALEXRIMSの完組車輪が入荷しました。

まずディスクブレーキ向けの定番CXD4。重量は前後で1,530g前後。
エアロスポークで捻れに対する強さにも配慮した組み方ですね。
そして12mmスルーアクスルにも対応する小物も標準装備、価格は¥46,000(税抜)。
しかも、チューブレスレディ。

ホイールのアップグレードを考えている方やレースでもう1ペアホイールが必要と
考えている方にも十分に使っていただけます。
私も使用して2シーズン目に入りますが、何かと重宝しています。

そしてもう一つ、ALX473 EVO。こちらはALX473をアップグレードしたモデル。
ハブフランジを大径化し、弱点であった捻れ剛性の低さを解消したもの。
重量は約1,450g。価格は¥47,000(税抜)とこちらもレースに使ってよし、
トレーニング向けに使うもよし。こちらもチューブレスレディ。

代理店がスモールパーツをきちんと揃えていることも、大事な点ですね。
どちらも少量の入荷です。

...&Bicycle